男の雪山道具 スキー用ヘルメット考察。一石二鳥、いや三鳥なアイテムもあります。

長年スノーボーダーとして冬山を楽しんできたのですが、雪山で私の横を楽しそうにスイスイィ〜とスキーで滑って行く娘を見て、「楽しそうだな」と改めて思い、昨シーズンスキーをレンタルして30年ぶりくらいにスキーを滑ってみました。

滑ってみると意外と体は覚えていて、自電車と一緒で、一度体が覚えたものは忘れないものですね。道産子たるものスキーの一つや二つ楽勝です、結構楽しく滑れたもので、今シーズンはスキー道具を一式揃えて、札幌国際スキー場、ニセコグランヒラフと行ってきて、どっぷりとスキーにハマり、次はどの山を攻めようかなと思案する毎日です。

“男の雪山道具 スキー用ヘルメット考察。一石二鳥、いや三鳥なアイテムもあります。” の続きを読む

スポンサーリンク

ニセコでスキーイング!!2019 LODGE MOIWA834に宿泊してきました。

ニセコグランヒラフで一通りスキーを楽しみ、適度に疲労感のあるボディは温泉でメンテナンスしたし、さて今日の宿泊地へ向かいます。

今回お世話になるのは、LODGE MOIWA(ロッジモイワ)834

 

LODGE MOIWA834 公式サイトへ

ニセコモイワスキー場まで約30歩
モダンな客室と、快適な共有スペース

ニセコモイワスキー場の正面に位置する、リゾート型のカプセルホテル。
モダンで快適な客室に加えて、広々とくつろげる共用ラウンジエリアを用意。
レストランでは、白銀のゲレンデを望みながら本格ビストロもお楽しみいただけます。

(公式サイトより)

ニセコモイワスキー場の目の前にある、とっても綺麗なカプセルタイプのゲストハウス。さてさて、どんなお宿か確認してまいります。

 

“ニセコでスキーイング!!2019 LODGE MOIWA834に宿泊してきました。” の続きを読む

スポンサーリンク

ニセコでスキーイング!!2019 ニセコグランヒラフは快晴なり

上質なパウダースノーが人気の「NISEKO」

毎回「欧米か!?」とツッコミを入れたくなる「ニセコ」。年々欧米化が進むここ「ニセコ」は、今や世界的なウィンターリゾートになりつつある世界が注目するスポットです。

私は昨年からスノボをやめてスキーに鞍替えしまして、この週末ニセコでスキーを楽しんできました。

“ニセコでスキーイング!!2019 ニセコグランヒラフは快晴なり” の続きを読む

スポンサーリンク

ウィンタースポーツの街「札幌」にあるスケート場を調べてみた

フィギュアスケートの高橋大輔選手が電撃復帰するってことで、それに触発されて超久しぶりにアイススケートに行こうってことになったので、改めて札幌市内のどこで滑れるのか調べてみました。

“ウィンタースポーツの街「札幌」にあるスケート場を調べてみた” の続きを読む

スポンサーリンク

男の雪山道具。指先もポカポカに「へストラのグローブ」

「いつ降るのか?」

道民みんながソワソワしていたこの12月。数日前からガツンと雪が降り出し、一気に冬突入、いきなりウィンタースポーツが楽しい季節になりました。

我が家では昨年から「冬もアクティブに!」をスローガンに、クロスカントリースキーやスキーを始めまして、少しずつ必要な用品を買い足しております。

で、今回、長年使ってへこたれたグローブを買い直すことにしまして、その機能性、デザインが人気のヘストラのグローブを追加しました。

“男の雪山道具。指先もポカポカに「へストラのグローブ」” の続きを読む

スポンサーリンク

モンベルで、スキーウェア一式揃えました。

 

はじめに・・

北海道では、学校の授業でスキーがあるので、”スキーを滑れる”ってことは基本中の基本です。

私の生まれ育った”北海道旭川市”はその四方を山に囲まれた盆地で、どっちの方向に行っても山があり、スキー場もあります。スキーヤーにとっては楽園のような環境で、親子でスキー場に行って父親が子供にスキーを教え、その子供が親になったらまたスキーを教える。子から子へ、ずっと続いて行く文化、これが道民のアイデンティティとでもいいましょうか。子供の頃、母親が作ってくれたちょっと冷えても美味しいお弁当と温かい番茶を水筒に入れて、家族でよくスキー場に行っていました。とても良い思い出です。

こういう地域特有のアイデンティティはずっと守っていかなくてはならないものだと思うのですが、私は高校生の頃からずっとスノーボーダーなので、スキーは20年以上滑っておらず、私の子供と一緒にスキー場に行っても、スキーを教えられないし、妻は、仙台出身で、ウインタースポーツと言えば”スケート”一度もスキーを滑ったことがない。

これはいけない。

道民のアイデンティティを繋いでいくために、妻も一緒にスキーをやってくれるようだし、20数年ぶりにスキーやることにしたので、まずはスキーウェアを揃えることにしました。

ウェアに求める条件として、まず防水透湿性。雪で濡れては元も子もありません。あと、防寒性?これは重ね着でなんとかなるかな。サイズ感はとても重要ですし、デザインも重要。スポーツですから動きやすさもそうですし、一番大事なのはもちろんプライスです。

今年から始めた冬のエクササイズ、クロスカントリースキーにも使えて、なんなら外遊び全般で使えて、さらには寒い時期の登山にも使えたらなお良い。そんな多用途なウェアを探し、日本が誇るアウトドアブランド「モンベル」で揃えることにしました。

 

“モンベルで、スキーウェア一式揃えました。” の続きを読む

スポンサーリンク

初心者でも手軽にできる!冬の北海道のエクササイズはクロスカントリースキー。

歳を重ねてくると、ただでさえ筋力・体力は落ちていくのに、何もしないでいると、その低下の加速度たるや・・・、恐ろしい。まだ見ぬ世界の山々、世界のロングトレイルを踏破するという目標のためにも、この冬季間の運動不足をどうにか解消しなければならない。

“初心者でも手軽にできる!冬の北海道のエクササイズはクロスカントリースキー。” の続きを読む

スポンサーリンク

男、北海道を歩く ニセコのイロハ

私の住む札幌市からニセコまでは、夏場なら車で約1時間30分ほど、冬でも2時間強ってところでしょうか。ここは、もともとニセコひらふ、アンヌプリなどのスキーを楽しむウインターリゾート地で、私が子供の頃からよく滑りに来ていました。しかし、ある時期からその素晴らしいパウダースノーを目当てに、主にオーストラリアの外国人観光客が殺到し、今ではひらふエリアを歩いていると、いたるところが英語表記で、歩いているのは外国人、街自体がプチ外国化しています。ニセコではなくNISEKOなんです。

ただ、そんなプチ外国気分になれるのは、主にウインターシーズンでして、夏のニセコはそれほど外国人は多くなく、どちらかというと道民にとっての、多様なアウトドアフィールドとして人気です。ニセコの宿泊手段は色々とありまして、温泉宿、ホテル、貸コテージ、別荘、コンドミニアム、キャンプ場など。大人数ならコテージやコンドミニアムが安くて便利。無料のキャンプ場も数箇所あります。

“男、北海道を歩く ニセコのイロハ” の続きを読む

スポンサーリンク