「相対性理論」これぐらい知っておけば何となく説明ができる?

小三の娘が「パパ、相対性理論って何?」って聞いてきました。

無邪気な子供のこんな何気ない素直な質問に、世のパパたちは絶句するに違いないでしょう。もちろん私も同じです。

ネットでもよくこの手の投稿があるところを見ると、全国の小学校の先生方は、さらっとこの手の問題を出して「あとはお父さんに聞いてきてね」って無茶振りして、お父さんを困らせるのが流行っているのではないか?

「アインシュタインでしょ?アインシュタインの・・あれじゃない、あれ・・・。」アインシュタインってこと以外、何一つ答えられない。パパの威厳は何処へやら。(まあ私の威厳なんてハナからないに等しい状況ではありますが)

“「相対性理論」これぐらい知っておけば何となく説明ができる?” の続きを読む

スポンサーリンク