無駄に将来を不安がるムダ

子供の成長は早いものです。他人の子供だとさらに早く感じます。

自分の娘が20歳になったら自分はいくつで・・、なんて娘の成長と比較して自分の老化を意識すると、自分の人生意外と残り少ないことに気づきます。

このまま老後を迎えて大丈夫なのか?老人になる準備なんて全くできていないと、漠然と将来を不安がる一庶民の私です。

“無駄に将来を不安がるムダ” の続きを読む

スポンサーリンク

争わない人間関係のコツ

人は集まると、必ずモメごとを起こす

以前のブログでも書いたのですが、ある宇宙移住計画において、人類を他の惑星に移住させる際の様々な難題の中で、一番難しい問題が人間関係。

(関連)人の価値とはその人が得たものではなく、その人が与えたもので測られるのだ

狭いロケットの中で、毎日毎日同じ顔を突き合わていると、必ず人はモメるようで、こればかりはどんなに頭の良い天才科学者でも根本的な解決方法がないのだとか。

人間はそのようにできているから、こればかりはどうしようもないことなんです。

“争わない人間関係のコツ” の続きを読む

スポンサーリンク

ワールドカップイヤー!!日本代表の日程をおさらい

サッカーワールドカップが近づいてきております。4年に一回の世界最大のスポーツイベント。世界中のサッカーフリークは、心がソワソワして仕事が手につかないのではないでしょうか。

 

まだまだサッカー後進国の日本ですが、今回で6回目のワールドカップです。過去の最高成績はベスト16ですが、ぜひもう一つでもいいので、勝ち進んで欲しいと思います。

いよいよ本番まで、三ヶ月となり、ワールドカップ本番までの大体のスケジュールが発表されてきましたので、おさらいしておきたいと思います。

 

“ワールドカップイヤー!!日本代表の日程をおさらい” の続きを読む

スポンサーリンク

こんな私ですいません。

以前に、ある自己啓発系の研修会に参加しました。

この研修会、私が進んで受けた研修ではなく、会社の方針で否応無しに受けされられた私に拒否権のない類の研修で、約半年もの時間をかけて実施し、講師費用、会場費などなど、結構な費用がかかっていたようです。

内容は人によってはとても勉強になる素晴らしいものだったのではないかと思いますし、講師の先生方はかなりの熱量で指導してくれました、が、正直私にはあまり響きませんでした。

“こんな私ですいません。” の続きを読む

スポンサーリンク

男の山道具。トランギアのクッカーとケトル

山では軽さは正義

ということで、UL志向の方が山に行く時、アルコールストーブを使うことが多いと思うのですが、アルコールストーブは調理というよりもお湯を沸かすために使うので、山での食事はアルファ米などのお湯を入れたらすぐに食えるタイプが中心となります。スタイルによりますが、私は、山でもきちんと食べたい方。まあ登る山にもよりますが、可能な範囲で食材を持参し、切って焼いて、煮込んで、食べる。お酒も一緒にいただきたい。

そうなると、アルコールストーブではどうしても火力面に不安があるので、私はガスストーブを持参することが多い。

 

“男の山道具。トランギアのクッカーとケトル” の続きを読む

スポンサーリンク

焚き火好きですよね?

キャンプでは、焚き火を囲んでお酒を飲むのが私のメインイベントです。

人間は、二足歩行になり、火が使えるようになって、たくさんの変化が起きました。火があることによって、暖を取れるし、火を使った調理ができるようになって死ぬ確率が下がり、夜の活動ができるようになりました。

人間は火の恩恵を受け、その後の人類の発展に繋がりました。

人間の、動物としての本能なのでしょうか、焚き火の揺らめく炎につい魅せられます。

“焚き火好きですよね?” の続きを読む

スポンサーリンク

富良野・美瑛町は、北海道のプロバンス地方

北海道のほぼ中央に位置する富良野市は、私の住む札幌市から、車で約2時間程で行けます。

人口22382人(平成29年4月)、北海道の小さな田舎町ですが、テレビドラマ「北の国から」のロケ地巡りはもとより、道産素材をふんだんに使ったスイーツ、アウトドアスポーツなどを求めて、道民にとっても時折行きたくなる魅力的な観光地です。 “富良野・美瑛町は、北海道のプロバンス地方” の続きを読む

スポンサーリンク

KY最強説について

KYっていつ頃から使われるようになった言葉なんでしょうか。

KYとはもちろん、(K)空気が(Y)読めない人のことです。

間違いなく機嫌の悪い上司に、えっ?ここで?っているタイミングで声かけて怒られてたり、ここでそのギャグする?このメンツの中で、その発言はちょっと・・、なんて、明らかに場の空気を無視した行動に出る人です。

KYという言葉。もう死語?かな?空気が読めないってことの頭文字をアルファベットにしただけの短縮言葉です。決して褒め言葉ではないです。他の言葉同様に、時代とともに使われなくなる言葉の類いかもしれません。KYという言葉自体はすでに死んでいるかもしれません、でも、こういった人って常に社会に存在し続けますね。 “KY最強説について” の続きを読む

スポンサーリンク