モノガタリ「GEOのテレビ」

今のマンションに転居して12年ほどが経ち、外壁などの劣化から、このたびマンションの大規模改修を迎えました。

月日が経つのは早いものです。

転居したときに買い揃えた家電の中でも、数少ない現役選手であった日立製のテレビが、「ウィーン・・」とかなりの音を発するようになって、日に日にかなりうるさく健康を害するレベルになったので、レンタルビデオの「GEO(ゲオ)」の50型4Kテレビに買い換えました。

このサイズの4Kテレビで4万円ちょっとというプライス。

大手メーカーだと倍以上しそうなもので、安かろう悪かろう?と思いきや、いえいえ、私レベルのTVユーザーなら「全然悪くない」です。

“モノガタリ「GEOのテレビ」” の続きを読む

スポンサーリンク

男もプチプラが好き

プチプラ=petit price [値段が安い(かつ可愛い)]

大人の男にはあまり縁のないワード、と言いたいところですが、プチプラはただ単に安い品というわけではなく、安い+αで高機能だとかデザインがいいとか、コスパの良いモノのことです。

普段GUとか無印とかよく行くし、お手頃価格でデザインが良いとか可愛いとかは嫌いじゃないし、改めて所持品を見たら、これは(ある意味)大人の男のプチプラ?と思われるもの結構ありました。

“男もプチプラが好き” の続きを読む

スポンサーリンク

掃除が楽しくなる?「Dyson Digital Slim Fluffy」

何にもしていないつもりなのに、毎日毎日埃が積もる我が家の床。

なんでこんなにお部屋は汚れるのでしょう?

ワンちゃんを迎え入れたこともあって余計に床の汚れが気になるところ、元々我が家で使っていたコードレス掃除機は吸引力がイマイチで、2020年6月発売、ダイソンコードレス掃除機シリーズの最軽量モデル「ダイソンデジタルスリム」を、あらゆる伝手を使ってお求めやすい価格で購入しました。

「キュイーーーーン、クォン・・」

モーター音がかっこいい!これは良い、癖になりそう。

“掃除が楽しくなる?「Dyson Digital Slim Fluffy」” の続きを読む

スポンサーリンク

アップルウォッチSEを1ヶ月使ってみて・・実際どうなのよ?

今年の9月に「アップルウォッチナイキSE」を購入し、使用し始めて1ヶ月ほどが経ちました。

アップルウォッチって実際どうなの?と思う方もいると思うのですが、実際私自身のアップルウォッチ購入動機が、私の身近でアップルウォッチを付けている人をよく見かけて、単純に”カッコいいな”とアクセサリー感覚だったもので、機能性をよく知らずに購入に至ったところもあり、実際に1ヶ月ほど使ってみてどうなのか?を記したいと思います。

“アップルウォッチSEを1ヶ月使ってみて・・実際どうなのよ?” の続きを読む

スポンサーリンク




私の愛用品「APPLE WATCH NIKE SE」

このたび「アップルウォッチ」デビューしました。

私は金属アレルギー持ちで、指輪やネックレスなどの金属製のアクセサリーはつけられず、唯一身につけることができる装飾品が”時計”です。

時間を確認するだけならスマホで十分ですが、”時計”は私にとって唯一身に付けられるアクセサリーなので、時間を確認する行為はもちろんですが、よりファッションアイテムとしての要素が強い大事なアイテムです。

「アップルウォッチ」いい大人ですが、心が躍ります。

“私の愛用品「APPLE WATCH NIKE SE」” の続きを読む

スポンサーリンク

私の愛用品「iPhone 」

今年のGWは、あっという間に終わってしまいました・・。

自粛警察の鋭い目があって屋外に出ても楽しめる雰囲気は皆無ということで、外出レジャーは諦めて完全インドア宣言。

このGWの唯一のニュースは「iPhoneSE2020」SIMフリーを購入したことくらいか。

“私の愛用品「iPhone 」” の続きを読む

スポンサーリンク

私の愛用品「ビルケンシュトックのシューズ」

シンプルに暮らしていく

無駄は排除しつつも今あるもの(大切なもの)を大事に長く使い、愛するモノに囲まれて心豊かに心地よい暮らしを実践していく。

皆さんそれぞれ大事にしている大切なモノがあると思いますが、前回、私の大切なモノとして、使えば使うほど味が出て愛着のわく「イルビゾンテのレザーグッズ」をご紹介させていただきました。

(関連)大切なモノ「イルビゾンテのレザーグッズたち」

私の心を豊かにしてくれる”大切なモノ”をまたまた綴っていきたいと思います。

“私の愛用品「ビルケンシュトックのシューズ」” の続きを読む

スポンサーリンク

私の愛用品「イルビゾンテのレザーグッズたち」

シンプルライフ。

モノを持たないことをただただ追求していく”ミニマリスト”と同義と思われがちですが、シンプルライフは似て非なるもの。

極限までモノを排除するのではなく、無駄は排除しつつも今あるもの(大切なもの)を大事に長く使い、愛するモノに囲まれて心豊かに心地よい暮らしを実践していくという、生きていく上での標語的なものと解釈しております。

モノが好きだけどモノに溢れた暮らしはしたくない私にとってはシンプルライフが一番自分に合った考え方だと思います。

“私の愛用品「イルビゾンテのレザーグッズたち」” の続きを読む

スポンサーリンク