夏の夜、お馬さんに夢を見る

私は「競馬」を趣味としているのですが、大きく賭けるようなギャンブラーではなく、単なる運試し的な感じで、予想が当たって配当がもらえたら嬉しいけども、それよりも綺麗な馬の走りを見る方が楽しいライトな競馬ファンです。しかし、先日、ある競馬必勝法が書かれた本が私の手に入りまして、色々とやってみると、これがどうやら「本物」と言えそうなシロモノ。

ちょっと鼻息が荒くなっています。

“夏の夜、お馬さんに夢を見る” の続きを読む

スポンサーリンク

モノガタリ「GEOのテレビ」

今のマンションに転居して12年ほどが経ち、外壁などの劣化から、このたびマンションの大規模改修を迎えました。

月日が経つのは早いものです。

転居したときに買い揃えた家電の中でも、数少ない現役選手であった日立製のテレビが、「ウィーン・・」とかなりの音を発するようになって、日に日にかなりうるさく健康を害するレベルになったので、レンタルビデオの「GEO(ゲオ)」の50型4Kテレビに買い換えました。

このサイズの4Kテレビで4万円ちょっとというプライス。

大手メーカーだと倍以上しそうなもので、安かろう悪かろう?と思いきや、いえいえ、私レベルのTVユーザーなら「全然悪くない」です。

“モノガタリ「GEOのテレビ」” の続きを読む

スポンサーリンク




ジェントルリーダーという魔法

愛犬のしつけに困っている方、「ジェントルリーダー」をご存知でしょうか?犬の本能を利用したアメリカNo.1の犬のしつけグッズです。

私も愛犬の引っ張り癖とか吠え癖や飛びつき、拾い食いなどの問題行動をどうにかしてやろうと最近使い始めたのですが、すぐに愛犬の様子がガラッと変わり、毎日の散歩のストレスが軽減しました。

これは本当に凄いアイテムだと思います。

“ジェントルリーダーという魔法” の続きを読む

スポンサーリンク

男もプチプラが好き

プチプラ=petit price [値段が安い(かつ可愛い)]

大人の男にはあまり縁のないワード、と言いたいところですが、プチプラはただ単に安い品というわけではなく、安い+αで高機能だとかデザインがいいとか、コスパの良いモノのことです。

普段GUとか無印とかよく行くし、お手頃価格でデザインが良いとか可愛いとかは嫌いじゃないし、改めて所持品を見たら、これは(ある意味)大人の男のプチプラ?と思われるもの結構ありました。

“男もプチプラが好き” の続きを読む

スポンサーリンク

「武尊と天心」見たいけど、見たくない

「強さへの憧れ」

男なら誰もが「強者」への憧れとか尊敬の念みたいなものを持っていると思います。こんな私でも、それ持ってまして「格闘技」を観戦するのが大好きです。

生きるか死ぬかの戦い、私のかなり奥の底の方に眠っている男の本能的なものが揺さぶられるのでしょう、熱くなりますが、この夏、さらに私を熱くしてくれそうなキックボクシング界のビッグマッチが組まれる可能性が高まっています。

そう!「武尊」VS「那須川天心」のことです。

ファンの間では長い間待ち望まれたこのマッチ。Kー1とRIZEという二つの団体の顔である二人であるが故に、両団体の思惑もあって実現できなかったこの夢の試合。

いよいよ実現しそうな雰囲気になっています。

“「武尊と天心」見たいけど、見たくない” の続きを読む

スポンサーリンク

五輪、盛り上がらないけど楽しみ

4年に一回の祭典「オリンピック」

私が生きている間は二度とない「オリンピック開催国」という機会ですが、アレのせいでいまいち盛り上がれない雰囲気がなんとも残念です。

開催されるのかさえも心配される状況ですが、準備は着々と進んでいるようで、サッカーU24チームは、先日アルゼンチン代表との親善試合を経て、大まかに選出されそうな選手も決まってきました。

森保監督は本気でメダルを狙っており、オーバーエイジ3名と決めているようなので、それも含めて誰が東京のピッチに立つのでしょうか。

“五輪、盛り上がらないけど楽しみ” の続きを読む

スポンサーリンク

「やめたこと」あれやこれ。

自由と孤独と音楽を愛する、旅人スナフキン

彼は、バックパックに生活道具一式を詰め込み、気の赴くままに世界を旅する、誰からも束縛されない自由気ままな、ザ・自由人です。

彼は、基本的に食事は魚を釣って食べ、寝るのはツェルトに毛布一枚で雑魚寝。風呂やトイレはどうしているのか?ハードなサバイバー暮らしでありますが、余計なものを所有しない究極のミニマリストであり、その自由なライフスタイルにある意味「憧れ」を感じます。彼のように身の自由もそうですが、心が豊かに自由を感じて生きていきたいものです。

このコロナ禍、やりたいことができない日々でストレスが溜まりますが、逆に、何かに縛られず身が軽くなるように「やめたこと」が色々とあります。

“「やめたこと」あれやこれ。” の続きを読む

スポンサーリンク

「経験」とは求めていたものが手に入らなかった時に手に入るものだ

アメリカ合衆国にあるカーネギーメロン大学の故ランディ・パウシュ教授のたくさんの素晴らしい言葉の中で、私が一番心に響いた言葉。

経験とは求めていたものが手に入らなかった時に手に入るものだ」 

彼はNFLのプロ選手になるという夢は叶わなかったけど、プロ選手になれなかったから学べたことがいっぱいあると言っています。

望んだ結果が得られなくても、それは失敗ではなく一生懸命取り組んだことで違う何かが学べる。

経験に失敗はありません。真剣にやってみることが重要なのだと言っています。

“「経験」とは求めていたものが手に入らなかった時に手に入るものだ” の続きを読む

スポンサーリンク

たぶん、これが完成形なのかな。

先日、娘が産まれた頃の写真を見てて、写っている十数年前の自分の衣服は、今では部屋着のレギュラーになっていることに気づきました。

購入した時はれっきとした「よそ行きの服」でしたが、あの頃の輝きは何処へやら、今では寝巻きに格下げ。いや、部屋着の方が着用頻度は高いので、服の存在意義としてはそれはそれで格上げなのかな?

とりあえず、結構長い付き合いで、より愛着が湧きます。

“たぶん、これが完成形なのかな。” の続きを読む

スポンサーリンク