祭りのあと

あれだけ批判されていた「東京五輪」でしたが、選手の頑張りに感動し気分は爽快。改めてスポーツのポジティブなエネルギーに力を貰いました。

ここのところTVや新聞、雑誌、インターネット、SNS等などから入ってくる情報は、その多くが誰かの不祥事であったり、誰かの批判ばかりで、ネガティブな内容に嫌気がさしていたので、こんな時だからこそ「五輪」をやってくれて本当に良かったと思います。

さて「祭り」は終わり、早速、世の中は変わっていきそうで、菅総理は次期総裁選に出ないようですね。

スポンサーリンク

世間では彼の仕事に批判的な論調が多いように思いますが、携帯電話料金を下げると言って実際にだいぶ安くなったと思うし、ワクチンの交渉でもスピーディーに量を確保したようだし、我々の知らないところでかなり頑張っていたのではないかと思います。

こんなタイミングじゃなければもっとやりたいことがいっぱいあっただろうし、もっと評価される政治家だったかもしれません。どちらに転んでも“負け試合“のとても難しい時期にお疲れ様でしたと言いたいです。

総理が交代するタイミング。これからの日本はどうなるのでしょう?

「コロナウィルス?そんなのあったよね~」

と、今後1年や2年で、過去の苦い思い出と化すことはあり得ません。WITHコロナの時代がしばらく続くことでしょう。

現実的に考えて、こんな未知のウィルス相手でわからないことも多いでしょうから、今政府がやっている人流抑制やワクチン接種以外で抜本的なコロナ対策なんてありません。あったら当然やっているでしょうし。

日本国民はコロナ感染者数0の日が来るまで、この異常な社会に我慢できるわけがないし、していけないから、ワクチン摂取率がある程度の割合になった段階で、感染予防から経済対策に大きく舵を切ることでしょう。

総裁選は10月初旬には結果が出て大々的に経済を動かすだろうから、例のGOTOトラベルあたり復活してくれることを期待します。

あと、2022年に入ったら冬季五輪がありますし、サッカーワールドカップもありますから、楽しみ。

私は、8月初旬に2回目のワクチン接種を終えました。

職場では毎月、抗原検査をしているし、マスク・ゴーグル装着し、アクリル板で仕切って黙食やって、ソーシャルディスタンスを常に意識し、プライベートは外出自粛しています。

あと何をしたら、自由に旅行に行けるのでしょうか?私はもう自由の身って事でいいでしょうか?

予防策を徹底してワクチンもきちんと打って、でそれでも感染したらそれはそれでしょうがないと思っています、生きていたら何かしらのリスクなんてありますから。

自分の身は自分の責任で守ります、他人に迷惑をかけない分にはもういいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です