例の「女性蔑視発言」を私の頭で考えてみた。

オリンピック組織委員会会長の「女性蔑視発言」について、日本だけではなく世界中のメディアがこぞって反発し、辞任要求まで出ております。

なぜ、彼は彼の立場を考慮せず、公の場であのような発言をしてしまったのでしょうか?

私なりに考えてみようと思います・・

スポンサーリンク

そもそも、2/3に開かれた日本オリンピック委員会の臨時評議員会でのこと。

① 女性理事を4割というのは文科省がうるさく言う、だけど女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる。

② 女性が優れているところですが、女性は競争意識が強い、誰か一人が手を上げると自分も言わなきゃと思うんでしょうね。

③ 女性を増やす場合、発言の時間をある程度規制しておかないとなかなか終わらないので困る。

④ 組織委員会には女性が7人ほどいるが、皆競技団体の出身で国際的な場を踏んでいるので、きちんと的を得ており非常に役に立っていますが、欠員があるとすぐ女性を選ぼうということになるわけです。

以上の発言があったようです。

・・人を傷つける冗談・・

時にメディアは物事を都合よく編集し、世論を操作するところがあるので、普段から何事も鵜呑みにしないよう気を付けていますが、上記発言の①②③についてはやはり、女性蔑視とも女性差別と取れるように聞こえます。

彼なりのブラックジョークであったような報道もありますが、仮にジョークであったなら、大多数の人には笑えないジョークでありました。

今の世の中、至るところで音声や画像が記録され、その情報はあっという間に世界に広がるので、この発言内容は速攻で炎上するだろうと誰でも容易に想像できます。

私が思うに、彼は差別発言をしたつもりなんてサラサラなくって、彼は「忖度できる男性とできない女性」と理解し、本気で女性はこうだと思っていたのではないでしょうか。だからこのような本音が自然と出たのではないかと思います。

さらに、沈静化を図ろうと目論んだ謝罪会見で、記者の質問に逆ギレする始末で、会見自体が逆効果、火種は屑ぶっているどころか燃え盛ってしまいました。

発言の自由だと捉えれば、彼の発言も自由なはずですが、五輪組織委の会長って立場がそれをNGとするならば、それはそれで立場をわきまえない、脇の甘さというか、世間を甘く見ていたというか。

一部の人しか笑えない冗談は、一部の人を傷つける可能性があるのですから、発言は慎重にしなければいけません。

気になったのが、④の発言ですが、彼が言いたかったのは実はこれなのではないかと思います。

彼はただ単に役員の女性比率を4割に上げろという周りの声に対して、性別は関係なく優秀な方が役員になるべきであって、単純に女性だからという理由で役員にするのはいかがなものか?と言いたかったのではないでしょうか。

そもそも話、性に限らず人種や身分等など、人間社会には様々な差別と考えられるものが存在しますが、差別自体を定義するのは難しいとも言われています。

学歴の良い方を優遇すること(学歴差別?)は正当か不当かというと、これを一概に差別とは言い切れません。人を選別していく上で、何らかの部分で選別する要素が必要となりますから。

彼の場合は、その組織の中で役に立つ人材であるか否かが選別に重要であって、性別は関係ないとでも言いたかったのでしょう。

これはこれで正しい意見のように思いますが、ただ①②③で女性への偏見を羅列した後でのこれでは良いように解釈するのは厳しいとは思いますが。

私の人生の中で改めて振り返ってみて、正直、差別を受けた(と感じた)ことはほとんどありません。世界と違って、この日本で、自分ではどうしようもないこと(容姿や性別、人種等など)で他者と差を付けられ苦い思いをした経験のある人ってもしかしたらかなり少なくて、「差別」という概念が根底にない日本人が多いのではないでしょうか。

差別が日常になく、差別の概念が薄い世界では、差別意識が鈍感になり、例えば、彼のように「女性はよくしゃべるから会議が長引く」と本気で思っていたとしたら、決して差別的な思考ではなく、何かの拍子に素でそう言ってしまう可能性があります。

改めて、今の時代、発言はあっという間に世界に伝わりますから、世界のどこかの誰かを傷つけることのないように、自分の言葉には責任を持って生きて行かねば。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です