私の愛用品「iPhone 」

今年のGWは、あっという間に終わってしまいました・・。

自粛警察の鋭い目があって屋外に出ても楽しめる雰囲気は皆無ということで、外出レジャーは諦めて完全インドア宣言。

このGWの唯一のニュースは「iPhoneSE2020」SIMフリーを購入したことくらいか。

スポンサーリンク

当初、何もすることができないGWはどうなんだろう?苦痛でしかないのでは?なんて思っていたのですが、もともとダラダラ過ごすことが得意な質で、暇を持て余すこともなく意外とあっという間に終わりました。

引きこもり生活の基本生活パターンは「アベンジャーズシリーズの鑑賞」。

(関連)どんなにダラダラしても誰からも責められない休暇

それと合間合間でジグソーパズル作ったり、掃除して断捨離したり、ブックカバーを作ってみたり、意外と楽しめました。男のくせに、こういったチマチマした手作りが好きで革細工とかも好き。こんなに”何もしてはいけない連休”もそうそうありませんからね。

単行本サイズの自作ブックカバー。中身は今だからこそ必読の「ペストbyカミュ」

さて、iPhoneSE2020です。

開封の儀。

もともとiPhone6Sを長らく使用していました。ネットを見たり、日常の写真を撮ったり、LINEや通話程度のライトユーザーなので、6Sで全く問題なかったのですが、流石に5年ほど使用しているとバッテリーの減りが早くて充電が欠かせない状態でした。

バッテリー交換という手もありますが、OSが古いので、交換してからあと何年使えるのか?わからないので買い替えを決意。3月中にiPhoneSEが発売されるなんてニュースを見て、コロナの影響で発売が延期?なんてニュースも目にし、いつ出るかいつ出るかと心待ちにしていて、この廉価版iPhoneが発売開始となった瞬間にネット購入しました。

iPhoneSE(2020)ブラック128G
背面。

サイズはiPhone6Sと同じで、iPhone8と全く同じサイズ、スマホケースは8のものがそのまま使えます。基本的な操作方法はiPhone6Sと同じで指紋認証も使い慣れているので良い。

ただ、外見は同じでも中身はiPhone11Proと同じ、最新のA13Bionicを搭載。何が良いのかはわかりませんが、最新のチップ搭載ということで今後数年は安泰でしょう。

ちょっと使ってみて、違いといえば写真のポートレートモードが使えること。

ポートレートモードで撮影した娘。

一眼レフで撮ったような背景のボケが楽しめます。人を撮る時だけしか使えませんが、でもこれはとてもいい感じで撮れます。

あとはデュアルSIM対応だとか、おサイフケータイが使えるとか、WIFIがいいやつに対応しているとか、色々とあるようですが、よくわからないのですが、お値段も抑えめでとても満足しております。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です