見えない敵に適合しましょう

人間の性別はどのように決まるのでしょう?

世界の男女比はだいたい半分ずつですが、誰も生まれてくる子供の性別を操作できないのにきちんと半分ずつ生まれるようにできているのはとても不思議。

スポンサーリンク

例えば人口が10人の世界があったとして、男性が5人、女性も5人だとしたら(相性や思想等、細かいところは抜きにして)人間の生殖能力だけで考えると、一年間に最多で5人の子供が生まれます。

仮に男性が3人で女性が7人ならば子供は7人生まれますし、男性が1人、女性が9人なら子供は9人生まれます。

女性の多い社会がより早く人口を増やすことができます。人間は動物ですから本能のなかに子孫を残すことを優先するのならば、女性の多い世界になるはずですが、しかし、男性が少ない社会では、女性の遺伝子よりも男性の遺伝子がより色濃く受け継がれるようにできています。
なぜかと言うと、女性の数が多くて子供の数が増えたとしても、仮に男性の遺伝子の中に致命的な病気が含まれていたら、生まれてきた子供の生存率は下がる可能性があります。
強くなくては生き残れないし、この世の中の様々な変化に適合できないと生き残れないので、いろんな種類の遺伝子を残すために、バランスを取って男女比はだいたい半分ずつで釣り合うようにできている。
本当に不思議。人為的に仕掛けている訳ではないのに、世界中の男女の比率を自然と調整されているのですから。
人間とはとても不思議です。
自然の摂理。
遺伝子の中に組み込まれた何らかの情報が自然とそのようになるようにできているのでしょうかね。

最近ならテレビでもネットでも「コロナコロナ」。もうコロナというワードに嫌気がさしつつあるこの頃ですが、改めてこの「新型コロナウイルス」、これももしかしたら「自然の摂理の一つ」なのかと思う時があります。

過去にエボラ、ジカ熱、サーズ、マーズ等など、感染症が世界で流行したくさんの人間の命を奪ってきました。
その感染症に勝ったものたちはまた次の感染症と戦い、また勝ったものがまた戦う。人類はその都度危機に適合してこうして子孫を増やしてきました。

日本は人口減社会に突入しましたが、世界は違います。どんどんと人口は増えています。

不謹慎ながらも増えすぎた人間の数を調整するために動物としての遺伝子が何らかの警鐘を鳴らし、こうした感染症が定期的に猛威を振るい人口調整を行なっているのではないかとさえ思ってしまいます。

新型コロナウイルスの終息はいつになるのでしょう?
オリンピックは延期になるわ、東京は都市封鎖目前と言われているわ。先が見えません・・。

サーズは新たな感染者が出なくなってある程度の日数が経過したのをもって終息宣言となったと聞きます。

今、感染拡大を抑えるためにできることは「自分が被感染者」だと思って、どのように行動するか?だと思います。

政治家がなんて言おうが関係ありません、自分が生き残るためにどうしなければいけないのか真剣に考えていきましょう。

人類のこの危機、弱肉強食であってはいけません。こんな見えない敵に負けるわけにはいきませんから、皆さん自分の身は自分で守り、適合して生き残りましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です