コミュニケーション能力

スポーツジムに通い始めて約3ヶ月が経ち、脂肪量や筋肉量はそれほど変わりないのですが日頃の運動不足解消、また適度な筋トレはストレス発散にもなるので、心身ともにとても良いので続けていこうと思っています。

このジムで最初に参加したスタジオプログラムの先生、次にジムに行った時に「この間参加していただいてありがとうございます。」と声をかけてくれました。

たくさんの参加者がいた中、後ろの方でヨタヨタと運動していた私の顔を覚えてて、その後もこの先生、顔を合わす度に何かと声を掛けてくれて、若いのに彼のコミュニケーション能力にはいつも感心します。

スポンサーリンク

人の顔や名前をすぐに”忘れてしまう”

私はどうも忘れっぽいところがありまして、以前外を歩いてて向こうから歩いてきたおばさんを「どこかでみた事がある・・」けど思い出せず、もしかしたら仕事関係で知り合った人かもしれない、それなら挨拶しないのは失礼だ、でも違うかも・・

とりあえずすれ違いざまに「こんにちは」とさらっと挨拶をしてやり過ごしたのですが、後で思い出したら、よく行くコンビニの店員さんでした。

一人間として、人のことを覚えていることって当たり前の重要な”コミュニケーション能力”であり、この能力、私には欠けてます。

私の勤める会社では、人事考課書類に自分の「長所・短所」を書かされるのですが、正直これは困るんです、自分のことなんてわからないですもの。

とりあえず何か書かないと終わらないので頑張って自己分析をしてみても、性格はいい加減、マイペース、面倒なことには関わらないようにしたい方、飽きっぽい、他人にあまり興味がない、自分の興味のあること以外は関与しない、一人でいるのがあまり苦にならない、義理人情は皆無、忘れっぽい・・

自分の良いところが思い浮かばない・・。

決して良いことを書けということではないのでしょう、でも、たかがこんな書類に素の自分をさらけ出すつもりは毛頭ないので、少しでも良いことを書きたいと思う小心者の私、でも思いつかない・・。

それなら他人にはどう思われているのか?を自分なりに考えてみる。

私は持ち前の穏やか顔とおっとり性格が功を奏して、他人には「良い人」と思われることが多いように感じます。

滅多に怒らないし、人の悪口は言わないようにしているし、割と笑っている方だし、頼まれたことはきちんとやるし、最低限「良い人」であるようには心がけていますが、その中身は、他人に嫌な奴と思われるのは癪だし、後々面倒なことになるのが嫌なので「良い人」を振舞っているだけのように思います。

人と深く付き合うと面倒だと感じるところもあるし、自分のパーソナルスペースに割り込まれるのは嫌だし。

学生時代はチームスポーツに所属していたし、友達も多い方ではあったけど、最近は「チーム」とか「仲間」とか・・、こういった関係性を煩わしく感じるところがあります。

何だろう?歳とったらそうなるのか?

他人に変に距離感を詰められても困るので、適度な距離感で自分の心地よい空間を作るための戦略が、この最低限「良い人」を装うことなのだなと自己分析。

とにかく、私は人にあまり興味がないのだと思います。だから人の顔や名前をすぐに忘れてしまうのですが、これは自分の欠点でもあると思っています。

何をするにもコミュニケーション能力は絶対必要。そして、コミュニケーション能力の最初の一歩は人を覚えることなんだろうなと、スポーツジムの先生を見て思う今日この頃。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です