ああ松島や

日本三景とは、京都の天橋立、広島の宮島、宮城の松島。その日本三景の一つで、かの天才アルベルト・アインシュタインも月見に訪れたという「松島」に12年ぶりに行ってきました。

スポンサーリンク

「松島」に行くには、仙台駅からJR仙石線で松島海岸駅下車。正味40分くらいでしょうか。松島海岸駅で降りると、目の前にお土産屋さんや飲食店が連なり、観光バスが往来してて、観光地って雰囲気です。

小雨の降る12月30日、結構観光客で賑わっていました。

JR仙石線「松島海岸」駅前

駅前から歩いて5分〜10分で、松島の中心に到着。波は穏やか。

松島湾
五大堂。松島のシンボル。坂上田村麻呂が毘沙門堂を建立、のちに慈覚大師円仁が五大明王像を安置したことから”五大堂”と呼ばれるようになりました。
福浦島にかかる252mの赤い橋「福浦橋」は通称”出会い橋”。この橋を渡ると良縁に出会うと言われています。福浦島内は自然公園になっていて四季折々の草花ヶ咲き誇り、島内を散策路を歩いて巡ることができます。

この赤い橋「福浦橋」は通行料大人200円かかります。島内は散策路に沿ってぐるっと一周できますので散歩がてら。

福浦島より

他に見所としては、瑞巌寺を筆頭に歴史のある寺社がたくさんありますのでぐるっと周って歴史を感じましょう。

円通院。伊達家屈指の建築物で国の重要文化財に指定されています。

宮城のグルメといえば、牛タンに笹かまぼこでしょう。笹かまは自分で焼いて食べる手焼き体験のお店があります。地味だけどとても美味しいです。

笹かまぼこ手焼き 250円也

「松島や、ああ松島や、松島や」

日本三景の一つ松島を詠んだ句ですが、あるあるを一つ。

この句、松尾芭蕉が詠んだ句と思いがちですが実際は違うようで、江戸時代の狂歌師田原坊という人が詠んだ歌なんですって。実際、松尾芭蕉は松島では一句も詠んでいないのですが、なぜかと言うと「松島が美しすぎて句を読めず、夜も眠れない状態だった」と記されています。

美しい景色で夜も眠れないなんて、どんな状態なんでしょう。このエピソード「松島」の価値上げます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です