あくまでも自然体で

全て吐き出して、前向きに次に進む、これってある意味ポジティブなことだと思います。愚痴る自分を嫌になるのはダメです。愚痴るのが当たり前、そして次につなげるくらいの心意気が丁度良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

他人との付き合い方は人それぞれです。

自分の心地よい距離感と、他人の心地よい距離感は必ずしも一致するわけではないし、会社でもプライベートでもどんな環境でも、他人に自分の心地よい関係性を崩されるとストレスが溜まります。

また、勝手に期待されたり、逆に期待されなかったり、「普通こうだよね?」なんて自分の中の「常識」を相手にも求めてくる人もいます。

人との距離感、付き合い方を間違うと、そんなつもりじゃないのにそんなつもりで捉えられていたり、変な誤解から後々面倒臭いことになったりすることもあります。

人間関係は本当に難しいです。

明らかにおかしなことを言われても、本音で言い争うのは正直面倒臭い。敢えて反論などはせずハイハイ聞いている方がどんだけ楽か。

本音を言わない方が、圧倒的に楽なもの。

北斗の拳のトキの受け流すテクニックは素晴らしい。仮に街角でラオウと出くわし、戦う羽目になったら、トキなら上手に受け流すことができますが同じタイプのケンシロウでは真っ向から向き合って殴り合うことになります。

話が逸れましたが、いつでもどこでも、真剣に殴り合うわけにはいかないので、トキのスタイルで受け流していても徐々にストレスが溜まり、溜まりに溜まるとつい出てしまう愚痴。

どんな人だって、嫌なことがあれば愚痴りたい時あります。愚痴はたいていネガティブに捉えられますが、私は決してそんなことないと思います。

愚痴はネガティブなのでしょうか?

悪口はイケませんよ。悪口は相手をどうにかしてやろうという悪意を持った言葉、相手を意図的に傷つける行為です。でも、愚痴は、相手云々ではなく言っても仕方ないことを嘆くだけなので決して相手を傷つける行為ではありません。ただただ自分の溜め込んだものを吐き出したい、ただそれだけ。ただ言いたいだけなのです。

自信を持って言います、どんどん愚痴っていきましょう。

いいじゃないですか、人間だもの。無理にそれを抑えようとすることの方が健康上良くありません。体に毒素を溜めるのは良くないですから、吐き出す行為は絶対必要だと思います。

ただ、重要なのはメリハリです。ずっと愚痴ばかり言っていたらそのうち自分自身が単なるネガティブな人間になっていきますますから、全てを吐き出し終えたら気持ち新たに次に向かって行くようにしなくてはいけません。

何度も言いますが、人間だもの、ポジティブな愚痴があってもいいじゃないですか。

無理せず、自然体で生きていきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です