厳島のIPAと鹿

世界遺産「原爆ドーム」を見終え、次はもう一つの世界遺産「厳島神社」に向かうことにしました。

厳島神社は広島県廿日市市の厳島(宮島)という島にあります。平家の氏神として古い歴史のある神社で、日本人なら誰もが知っている海に浮かんだように見えるあの鳥居が有名なところです。日本三景(宮島、松島、天橋立)の一つでもあります。

スポンサーリンク

広島市内からなら原爆ドーム横からボートで一気に島に渡る手段があるようですが、ちょっとお値段が張るので、JRか広電を利用するのが基本でしょうか。安さを取るなら広電、所要時間を取るならJRってことで私は時間が限られている旅なのでJRを利用することにしました。

JR広島駅から厳島神社の最寄りの駅「宮島口」までは確か35分くらいで到着。改札を出て目の前にフェリー乗り場があります。

宮島はすぐ目の前、泳いでも行けるのではないかと思うくらい近い、でももちろんフェリーに乗り込む。

フェリーから例の朱色の鳥居が見えるかな?なんて海風を浴びながら覗いていたけど、多分あの辺?・・見えない。そんなこんなで10分くらいしたら宮島に上陸。

人・人・人・鹿?

フェリー乗り場から厳島神社までの参道を歩くと観光客で大変混み合っている。さすがに人気の観光地です。結構外国の方々も多い。

神社までの道すがら、たくさんのお店がありそこで買った食べ物を食べていると、ひょこっと鹿が現れて「ちょーだい」と言うより「よこせ!」といった感じでグイグイと襲ってくる。ビニール袋を引っ張られている人、服を噛みつかれている人など様々で注意が必要です。

食べ飲み歩く

日の当たる場所は猛烈に暑い。私の娘は頭から湯気が出そうなくらい。秘密兵器「雨晴れ兼用の傘」を出すがやはり暑い。しばらく歩くと、私的には今回の旅で一番楽しみにしていた「宮島ビール」があったので、迷わず入店。

宮島IPAを注文。

席は1階が屋外、2階が冷房の効いた室内。お腹は空いていなかったので立ち寄らなかったが3階がレストランになっている模様。私たちは当然2階のクーラーの効いた室内に入ってビールで(娘はパインジュースで)喉を潤す。

超うまい!IPA特有のアルコール度数の高い濃厚でフルーティーな喉ごし。

ビール好きの方なら「迷わず行けよ、行けばわかるさ!by猪木」

もみじまんじゅう

広島といえば「もみじまんじゅう」食べときます。普通に美味しい。<続く>

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です