資産形成と暮らしのダウンサイジング

 最近、金融庁金融審議会の報告書「老後2000万円」が問題となっています。65歳と60歳の夫婦で年金だけを頼りに生活していると毎月5万円不足し、その後30年間生きるとしたら2000万円不足するというもの。

 「老後の資金は自分で準備しろ」とか「年金は頼れない、もらえない」などネガティブメッセージとしてこのニュースを解釈した人もいるかと思いますが、こういった話ってなんで今更?なぜ炎上してしまうのか理解できません。もともと老後にゆとりのある生活を送るには一人いくら必要かって話題は以前からよくあって、3000万だとか、1億だとか、いやもっと必要だとか。でもね、人の暮らしなんて様々。どこで生活してて、どんな世帯で、健康状態はどうで・・、いろんな生活があって当たり前。一概に5万円足りないからって話でもないし、変に反応するのもどうかって思います。

スポンサーリンク

 さて、こんな話題を聞いて、改めて自分の今の暮らしで、老後資金がどれくらい必要なのかってあまり考えたことがなかったので、ざっと計算してみました。

 自分が老後を迎える頃と今では時代背景が違い、どんな世の中になっているかなんて正直わかりませんから計算通りにはいきませんが、とりあえず今の自分の暮らしを元に、最大限イメージを膨らませて考えてみました。


○住まい・・私は持ちマンション住まい。住宅ローンは60歳で終わるので老後の支払いは心配ない。ただ、管理費・修繕費はかかるのでその分は計算しておかなきゃ。あと固定資産税も。

○光熱費・・水道、電気、ガス代。今は平日の日中は誰もいないので使用量は少ないけど、老後は増えることを予想し計算。

○通信費・・ネットはマンション共用のもので別途支払いはない。不自由がないので多分このまま使用し続けるでしょう。スマホは夫婦2台所有。私はマイネオ、妻は大手キャリア。お互いにそんなに使う方ではないので最低限の料金で。

○食費・・これは今と大して変わりはないかな。

○交際費・・これはわからない。老人になってからどんな交際費がかかるのか。とりあえずざっくりと計算。

○医療費・・病院代は確実に今より増えるでしょう。


 最低限の経費としてざっと計算してみて、私の場合は1ヶ月17万8千円。

 せいぜいこんなもんでしょう。私の場合は私と妻のダブルインカム世帯。それぞれ厚生年金受給です。60歳に住宅ローンが終わり、住まいにお金は大してかからないってのも大きいとは思います。私は70歳までには運転をやめるつもり。車の維持費ってバカにならないし最近は高齢ドライバーの問題が出ています。都市部で生活しているので車がなくてもそんなに困らないので車は確実にやめます。人生の最後に犯罪者にはなりたくありませんので。

 まあこのくらいの経費ならなんとかなるか。毎月最低限かかる経費なので、これプラスαはあるでしょうから、計算通りには行かず、悠々自適に暮らしていけるとは思いませんが、それなりに生きては行けそう。

 自分の年金がいくらくらいかなんて毎年送られてくる書類でわかるので、皆さん計算してみて下さい。普通に働いて普通に貯金していたら多分老後はそれなりに暮らしていけると思います。

 あと、もう少し余裕ある暮らしを送るために、私の場合はイデコに401kにNISAにと色々とやっていますし、あとは暮らし自体をダウンサイジングってのも重要かと。生きていく上で必要なものってそんなにないので、極力無駄なものは持たず、無駄な投資を減らして自分の生きがいの何かに使うなんてことも今後考えていこうと思います。

 自分の身は自分で守る。当たり前のことです。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です