札幌50峰登山 トレーニングに「小天狗岳」

2016年7月に登った小天狗岳は札幌50峰の一つ、札幌市南区定山渓にあります。札幌近郊の山々の中でもメジャーな山ではないので、あまり登っている人がいない静かな山です。

スポンサーリンク

小天狗岳

標高764m 標準コースタイム1:20

定山渓温泉街から車で数分のところにある、定山渓ダムのダム下園地という小綺麗な公園のパーキングに車を停めます。とても綺麗に整備された公園でトイレもあります。

登山口は、ダム資料館横にあります。

平らな遊歩道をしばらく進み、道なりに進むと小さな沢があります。

沢の横を進んで、道道の橋の下をくぐり、急斜面の登山道をズンズンと進んでいったら、これ、登山道?って感じの笹漕ぎ状態になってきて、私たちはここら辺で道に迷ってしまいました。さらに沢伝いに登って行くとさらに笹が茂り険しい道になってきて「何か違う・・」と勘が働き、ちょっと道を戻って、スマホアプリ「ジオグラフィカ」のGPSを頼りに正しい登山道が発見できました。

このアプリは、電波の届かないところでもきちんと自分の位置情報を示してくれるので、私の登山になくてはならない必需品です。

さて、正規ルートに戻ったので林道をひたすら登ります。景観はイマイチで、ひたすら林道を登っていきます。この日は風のない蒸し暑い日だったのでジメジメが気持ちが悪い。

結構登ったら右側の視界が開けます。遠くに定山渓温泉街、足下には定山渓ダムが見えます。眺望が良いのはこの辺だけです。ここまで来たら山頂はもうすぐで、しばらく登ったらゴール!

頂上に設置されている方位盤です、が木が生い茂り何も見えません。

夏のこの山の山頂の景観は正直あまり良くないです。また、山頂のスペースはとても狭いのでゆっくりする間も無くすぐ下山となりました。

ダム下園地にはキレイお花が咲いていて素敵な公園です。ダムの壁は迫力満点で圧倒されます。タイミングが良ければダムの水を放流するのが見れるかもしれません。

登山としては、それほど楽しい山ではありませんが、定山渓温泉街から近くてだだっ広い駐車場があって行きやすい山なのでトレーニングには良いかもしれません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です