DTC Day3 #2 尾岱沼ふれあいキャンプ場

この旅3箇所目のキャンプ場は「尾岱沼(オダイトウ)ふれあいキャンプ場です。ここは野付湾に面したシーサイドのサイトで、目の前に野付半島が見えるグッドロケーションのキャンプ場です。

スポンサーリンク

キャンプしていると天気がとても気になります・・。

キャンプが良い思い出になるかその逆かは天気次第と言っても過言ではありません。どんなに素敵なキャンプ場でも雨が降ればほとんど何もできませんから。

幸いにも私たちはここまで天気に恵まれ、雨に濡れて大慌てするなんてことなく素晴らしいキャンプ体験ができてきました。

明日は令和元年5月1日。記念すべき新しい時代の始まりの日です。その新しい門出の初日の出を拝みたいと思っているけど北海道東部地方は今夜から数日雨予報。とうとう雨・・、残念。初日の出は無理っぽいかな・・。

ただ、私たちは強運の持ち主で、本当たまたまこのキャンプ場だけ事前にバンガローを予約していて、雨の中テントをたたむという辛い作業がない、これで良しとするか。

バンガローサイト

チェックイン時、天気は上々ですがシーサイドってことで海風が強く、体感温度としてはちょっと寒いです。キャンプサイトの芝生はきちんと整備されており綺麗です。キャンプサイトの重要チェックポイントであるトイレはまずまず綺麗に清掃されてますが、管理棟のトイレの方がより良いです。炊事場の水はちょー冷たかった。

海側がテントサイト、内陸側にこのようなバンガローが10戸くらい建っています。車はバンガローの横に駐車OK。助かります。

夕食はカレーライス

管理棟内にシャワールーム、洗濯機(乾燥機も)があります。近隣にスーパー類はなくて少し車で走るとセコマがありましたが、必要なものは事前に購入しておいた方が良さそう。

私たちは手前の町の中標津町にある東武サウスヒルズというスーパーマーケットに立ち寄り食材や飲み物を購入しておきました。ここは綺麗でデカいスーパーマーケット、やけにビールの種類が豊富でクラフトビールもたくさん置いてました。ビール好きにはオススメかもしれません。

あと、お風呂は管理棟のシャワーでもいいんですが、疲れた体を癒したいのですぐ近くの尾岱沼シーサイドホテルの日帰り入浴を利用しました。ここはまあ普通の温泉宿です。お風呂に入る以外は特に何もなく休憩所もありません。内湯の湯温がチョー熱く、私は気合い入れて湯に浸かりましたが、娘は湯に浸かれませんでした。

日が暮れてきて・・、天気予報通りに雨がポツポツ降り出しました。

天気予報を再チェック、やはり今後数日道東全域雨の様子。

明日は知床を観て網走でテント泊の予定でしたが、雨のせいでこのキャンプ旅を悪い思い出にはしたくないので網走テント泊をキャンセル、旅を一日短縮することにしました。

一通りお酒を飲み終えたのでシュラフに包まり就寝。さすがにバンガローですから今夜は寒さは気にならないでしょう。

平成最後の夜、目を覚ませば令和です。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です