ネイティブインディアンの教え

”あなたが生まれてきたとき、あなたは泣いていて周りの人たちは笑っていたでしょう。だから、いつかあなたが死ぬとき、あなたが笑っていて周りの人たちが泣いている。そんな人生を送りなさい。”

スポンサーリンク

 ネイティブインディアンの教え。 

 持病の悪化から80年の人生を終え天に召された叔母の葬儀に行ってきました。残された叔父や娘たち、たくさんの友人たちに囲まれ、彼らは涙し叔母を天国に送り出しました。

 叔母はとても良い人生を送ったのですね。

 

 

 私は帰りの道中「自分はどんな最後を迎えるのか、一体どれくらいの人が泣いてくれるかな?」とふと考えてしまいました。

 私は第2次ベビーブーム世代で大量に産まれた世代なので、大量に死ぬ世代でもあります。何事も簡素化しているこの時代、私が普通に寿命を全うする頃は葬儀場不足が深刻化して葬儀自体簡素化してたり、やらなかったり。あっさりと火葬場で焼かれ、LINEとかメールで一応事後報告があり、処理完了みたいなこともあり得るか。

 まあ、未来のことはわかりませんが、そんなに多くの人に泣いて欲しいとは思いませんが、何人かには本気で泣いてもらえる人生を送っていきたいなとは思います。

 

 遺骨は大好きな山に撒いてもらっても良いかな。

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です