message #4 サバイバルファミリー

 2017年公開。「サバイバルファミリー」を観て、自分のサバイバル能力を考えさせられました。

スポンサーリンク

 ある日突然、電気類が一切使えなくなり、いきなりサバイバル生活を送ることとなったごく普通の都会で暮らす一家を描いた物語。それはないだろうと多少ツッコミたくなる部分もありますが、とても面白い作品でした。

 私は昨年地震による大停電を経験しました。私の住む地域は電気の復旧が早くてせいぜい10時間程度の停電でしたがお湯が出ないとかエレベーターが動かないとか、テレビが見れないとか・・結構不便を感じかなり電気に依存した生活を送っているかを痛感したものですが、この作品では全世界同時停電が2年以上続く超過酷な世界。2年以上電気が使えないなんてどうなるのでしょう?とても考えさせられました。

 映画の中で、こういった非常事態に大切なのは、①.体温の保持 ②.水の確保 ③.火を起こせるか 。食べ物はその次 なんだそう。食べ物は保存方法を工夫し、また地面から直接葉っぱを出しているその辺に生えている植物は味は保証しませんが、大抵食べられるんだそう(自己責任で)。

 幸いにも私はアウトドアが趣味なので、こういったときに使えそうなサバイバルグッズを色々と持っております。

1.体温の保持

 SOLエマージェンシーブランケット、シュラフ、テント、焚き火台、登山ウェア類

2.水の確保

 ソイヤーミニ(浄水器)

3.火を起こす

 私は喫煙者なので常にライターを持っています。しばらくの間ならライターが活躍するでしょうが長い期間のサバイバル生活だといつかはライターも使えなくなるので、その時のために自然の材料を使って火を起こす方法は身につけておかねばなりません。

 

 世間で起こっている災害はいつ自分の身に降りかかるかわかりません。備えあれば憂いなし、サバイバル装備同様に知識も持っておかねばなりません。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です