<男の山道具> 「THE NORTH FACE FP Hybrid 40」とにかくカッコイイFPスタイルのバックパック

 「男の山道具」と銘打っていろんな山道具をエントリーしているのですが、改めて男の山道具とはどういったものなのかを100%私の私見で定義してみますと、①デザインがカッコいい ②高機能で多機能 ③モノに何らかのストーリーがある、です。こだわる男はだいたいモノのウンチクを語りたくなるものです。

 あくまでも100%私の主観に基づき、その時々の気分に応じてチョイスした(私だけの)男の山道具。今回ご紹介する山道具は、登山三種の神器の一つ「バックパック」です。

スポンサーリンク

 普段の日帰り登山時は、私のスタイルには全くのオーバースペックである軽量アドベンチャーレース仕様バックパック「OMMクラシック32」を愛用しており、フィット感抜群でとても気に入っています。ただ、山でテン泊する場合、この容量だと今の私の装備ではどうにも収まりきらない。ということで今回山でのテン泊用にとチョイスしたバックパック「THE NORTH FACE FP Hybrid40」をご紹介します。

「THE NORTH FACE FP Hybrid40」

 鮮やかなイエローとブラックの2色使いの軽量バックパック。まずデザインに”惚れました”。単純にカッコいいです。

仕様はこちら

色: サルファースプリンググリーン

  • 表地: 70Dジオリップストップナイロン(表:シリコンコーティング/裏:PUコーティング)、210Dリップストップナイロン/ポリエステル 
  • 収納可能サイズ: 31-40L 
  • 留め具の種類: テープバックル 
  • タテ59cmxヨコ29cmxマチ21cm 
  • ポケットの数:9(外側7/内側2) 
  • 重量:920g 
  • フック付き

 背中上部で背負えるベスト型のショルダーハーネスなので、歩行およびランニング時の安定感が向上しているとのこと。ショルダーハーネス部分のメッシュのポケットには500mlのペットボトルがギリ入るサイズです。ウエストベルトのポケットは行動中のおやつを入れたりできるので何かと役に立ちます。

 背負った感じはピッタリフィットのベストを着た感じ、確かにこれなら(私は走らないけど)走れそうです。

 背部にはアルミフレームが入っていてある程度の重量はカバーできそう。横から見ると”くの字”ってて、背負った時にバックパックが背中に付かないようになっている構造で蒸れを軽減できます。

 特徴として、あとは荷物の量に応じてピッタリできるロールトップタイプです。

 通常、山でテン泊する場合、テントにシュラフ、食べ物や水など持ち物が格段に増えるため、最低でも50ℓ以上のバックパックをチョイスするのが基本かと思います。が、私の目指すスタイルはFP(ファストパッキング )。必要最低限の荷物で早く長い距離を歩く、これが理想なので新しいギアはだいたいその辺を考慮しチョイスしているところ。今回導入した新しいバックパック「ノースフェイスFPハイブリッド40」はそんな私の目指す山スタイルに合った”男の山道具”です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です