LET`S GO CAMP!「モラップキャンプ場」

 やっと暖かくなってきたかと思ったらまた寒波襲来、しつこく雪が降るここ最近の北海道。春の到来はまだ先のようです・・。さて、日々ストレスが溜まる現代社会。ストレス発散には酒や筋トレもいいでしょうが、私の場合は大自然に身を置いて、日頃のつまらないことを一気に忘れるのがベスト。

 今回、私がよく利用させていただいているモラップキャンプ場を紹介します。

スポンサーリンク

支笏湖 モラップキャンプ場

 このキャンプ場は、札幌市から車で1時間程度のところにある支笏湖のほとりにあるキャンプ場で、札幌市民には気軽に来れて自然が堪能できるキャンプ場ということで人気のあるキャンプ場です。

我が家の軽量テント「ニーモアトム2P(緑のテント)」

 水辺なので、水着で湖に入っている人がいたり、SUPをしている人がいたり。水は結構冷たいです。あと、白鳥ボートも乗れます。白鳥ボートはご存知でしょうが、自転車風に漕いで進むボートで結構疲れますがこれはこれで楽しいものです。

<モラップキャンプ場>

キャンプ場データ

(宿 泊) 
チェックイン/13:00-17:00  
チェックアウト/11:00
大人800円 小学生500円 幼児300円
(日帰り) 
9:00-16:00
大人500円 小学生300円 幼児150円

 キャンプ場の機能としては一通りあります。お風呂はないので近場の温泉施設の日帰り入浴を活用するのがいいと思います。

・トイレや炊事場は数カ所あります。
・売店あり。
・白鳥ボートに乗れます。
・ゴミは「燃えるゴミ」「燃えないゴミ」のみ分別して捨てる場所があります。
・フリーサイトで車を横付けできませんが、駐車場はキャンプサイトのすぐ横にあります。荷物が多い方にはリアカーを貸してくれます。

 炊事場の水は一応「煮沸してから使って」となっているので、私は小型浄水器ソイヤーミニを活用しております。こんな感じでプラスティックバッグに水を汲んで、ソイヤーで濾過。これで一安心です。

 キャンプと言えば、夜の焚き火。焚き火をボーッと見ながらお酒を飲んでいると、禅をしているような、頭の中のモヤモヤがクリアになります。ここは直火OK、石を組んで焚き火です。

 キャンプシーズンになると結構込み合っているので、他のキャンパー次第で結構賑やかな時があるのでそれは残念ですが、結構気軽に行けて、大自然を堪能できるこのキャンプ場大好きです。

白鳥と支笏湖、その後ろに恵庭岳

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です