GO EAST! 2019GW

旅はベタが良い・・

今年のGWは10連休ということで、どんな旅をしようか家族で検討した結果、北海道は「道東」で遊ぶことになりました。

スポンサーリンク

そもそも、この10連休は仙台に行くつもりだったのですが、この10連休のせいで、国民みんなが大移動するのかフェリーチケットが取れず北海道脱出が叶わない状況、それなら「北海道で行った事ない所に行ってみよう!」ってことになりまして、旅のプランを練る中で

「10連休なんてなかなかないから、北海道一周しちゃう?」

気軽に提案してみましたが、よくよく調べると北海道一周は、2500km〜3000kmほどを車で走らないとならない、デカイな北海道・・。

3000kmって例えば東京からフィリピンのマニラまで行けるくらいの距離だそうで、GW10日間を毎日300km走れば回りきれますが、ただただ走るだけの旅、単なる苦行、無理です。

エリアを絞ることにして、「道東」って私にとっては全く縁がない場所なので、キャンプしながら「道東」をベタに回ることにしました。

GO EAST!

さて、道東とはもちろん北海道東部エリアのことですが、「道東」って同じ北海道でもすごく遠い場所ってイメージがあります。東京なら札幌から何だかんだで2〜3時間で着きますが、「知床」まで行こうと思ったら、車で約7時間もかかります。おいそれと気軽に行ける場所ではないので、今回の旅、結構楽しみです。

「道東」は、世界自然遺産「知床」、網走刑務所、霧の摩周湖とかが有名でしょうか。いつかスルーハイクしてみたい#「北根室ランチウェイなんて憧れのトレイルもあります。それ以外だと、多分道外の人がイメージする「北海道」らしい雄大な風景が広がっている地域だと思うので、今回の旅の目標は、「壮大なスケールの大自然を堪能すること」これに尽きるでしょう。

大自然の中に身を置いて、汚れに汚れた私の心を洗い流してこようと思っています。

さて、家族会議で決定した今回の旅のプランですが、ざっとこんな感じで考えています。

赤線のルートを辿って、帯広、釧路、野付半島、知床、網走あたりを回って、旭川を経由して札幌に戻るプラン。十勝平野の「北海道らしい」風景を楽しみ、釧路で海鮮を食べつつ壮大な湿原に圧倒されて、阿寒湖、摩周湖あたりを巡り、野付半島で「この世の果て」を感じ、知床の自然を歩く、全5泊6日のベタな旅。走っても一日約200kmほど、これなら無理はないでしょう。

決して地元の人しか知らない絶景とか食を目指すつもりはありません。道東観光モデルコースばりのベタな旅をしてこようと思っています。

なんだかんだで旅はベタが良いんです。


宿は基本キャンプ場をと考えておりますが、北海道のGWはまだまだ寒いし、キャンプ場がまだオープンしていないところも多いので、最悪車中泊も視野に入れておりますが、まずは確実な情報収集が必要です。あと快適なキャンプができるように、今冬眠っていたキャンプ道具一式を出してきて、メンテナンスを兼ねて自宅でテント張ってみました。

ニーモアトム2P

(関連)山で寝る。山岳テント「ニーモアトム2P」を試し張り!

キャンプ道具の一部

キャンプ旅の道具がまだ足りていないので、これから準備していかねばなりませんが、この道具を揃える”行為”とても楽しいです。心がウキウキします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です