message#2「清須会議」

三谷幸喜監督による2013年公開のこの映画。ある程度史実に基づいて作成された映画だと思うので、歴史を知っている人ならだいたいストーリーは理解できる内容となっています。大泉洋さんや役所広司さんなど、役者たちの演技が素晴らしく、笑えるとても面白い映画でした。

スポンサーリンク

#2「清須会議」

「清須会議」ってのは戦国時代に実際にあった合議のことなのですが、時代は織田信長が天下統一を目の前にして明智光秀の謀反により本能寺で自決、信長の家臣たちが裏切り者の明智光秀を討ちます。その後、今後の織田家の跡取りを誰にするのか、また領地の再分配を決めるための合議を清須城で行ったので「清須会議」と言われております。秀吉や柴田勝家、丹羽長秀などの有力な家臣たちが様々な思惑を持ってこの合議に望む人間ドラマを豪華俳優陣がコミカルに描いていく、とても面白い映画でした。

で、この映画の中でとても良い言葉を見つけました。

夫婦円満の秘訣

”年下の女房には年上のように接し、年上の女房には年下のように接すること、これが夫婦円満の秘訣だ”

映画の最後の方で、役所広司さんが演じる「柴田勝家」が、小日向文世さんが演じる「丹羽長秀」に「年下の女房(お市様)との夫婦円満の秘訣を問われ、答えがこの言葉。

深い、深すぎる。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です