2019年ゴールデンウィークは北海道に来ませんか?

平成最後の年ですね。

札幌市もだいぶ気温が上がってきて、「春近し」と気分がソワソワしている方も多いのではないでしょうか?今年は平成最後の年、平成から次は何になるのかまだわかりませんが、その関係でゴールデンウィークが10連休となります。

10連休なんて世のサラリーマンはなかなか取れないですから、景気の良い人は海外旅行なんて計画している人も多いのではないでしょうか?

私の場合、ゴールデンウィークは妻の実家のある仙台に行くのがここ数年のお決まり。今年もそのつもりだったのですが、その移動手段として考えていたフェリー会社に予約の電話をしたら「今年は10連休で例年になく超混雑している」ようで予約が取れず。

計画を練り直し、今年は北海道で遊ぶことにしました。

スポンサーリンク

ところで、ゴールデンウィークの北海道、何して遊ぼう?

北海道は広いので、地域によって気温差が激しいからまだまだ冬っぽいところもありますが、とりあえず札幌市でいうとゴールデンウィークの気候は平均気温で10℃を超えるくらい、東京あたりの3月下旬頃くらいの気候だと思います。ちょうど桜が咲く頃で、道民は寒い中体を震わせつつ花見をするのが定番です。都市部に関しては雪はほぼないのですが、峠は路肩に雪が残っているところもあると思います。

私の勝手な印象ですが、天気は良いことが多いように思います。

 

まずはアウトドア!アクティブに遊ぶのが良い。候補としては・・

・大雪山(黒岳か旭岳)で春スキー&温泉

真っ白な大雪山

毎年5月中旬くらいまでスキーが滑れます。大雪山系の5月はまだまだ雪がたくさん残っていますが、天気さえ良ければそこまで寒くないので、Tシャツでスキーを滑るなんて体験も可能です。スキーを終えて麓の層雲峡温泉でほっこり、天国です。


・世界遺産知床で自然を散策

知床

世界自然遺産の知床。札幌市からはかなり遠いです。高速道路を走って休憩なしでも6〜7時間かかります。北海道デカイ〜。同じ北海道内でもこの距離感ですから、私自身知床には一回しか行ったことがありません。ゴールデンウィークの知床はまだまだ寒いのですが、大自然を満喫なんてのもいいかな?

・春の北根室ランチウェイに挑戦

イメージ画像です

中標津〜開陽台〜牧歌的な風景を見ながら、途中に登山コースがあったり温泉宿があったりしてJR美留和駅がゴールとなる全ステージで71kmのコースを5〜6日かけて歩き倒すロングトレイル コースです。一度は歩いてみたい日本ロングトレイル 第2位にランクインされる北根室ランチウェイ。憧れます。

その他だと・・

・函館周辺でキャンプ&魚介類を食らう

例えば、東大沼のキャンプ場をベースにして、日中は函館を観光、自慢の魚介類を食らうなんてのも楽しいかな。

・利尻・礼文島でトレッキング&ウニ丼

礼文島のトレッキング、ウニを食らうなんてのも良いし。まだ寒いかな?

・気ままに道東ぶらりドライブ

釧路湿原あたりの大自然を堪能なんてのも良い。

今年やりたいことに、大雪山で山キャンプして満点の星空を堪能するってのがあるのですが、5月じゃまだ季節が早いし冬山でキャンプするほど技術も装備もない。

とりあえず、今年のゴールデンウィークは10連休。お金はなくとも時間だけはあります。北海道の大自然の中キャンプしつつリフレッシュできる旅をしようと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です