#私の旅道具 旅バッグ「カリマー クラムシェル40」が最適解か!?

私の人生において”旅”を外すわけには行きません。年を重ねるごとに旅のスタイルは変わっても一生旅を続けることでしょう。

旅をより快適にするためにも常に旅道具のバージョンアップを考えていて、今回、#旅のバッグの最適解を模索する中で、ちょうど良さそうな相棒が見つかりました。

カリマー クラムシェル40です。

スポンサーリンク

旅はパッキングから始まります。出発の前日は心ウキウキしながらパッキング、これはこれで楽しい行為ではありますが、持って行きたいものが多いとあれを削ってこれは持って行って・・と、あれよこれよと煩わしい面もあります。以前のエントリー#関西旅行の際、大容量のスーツケースに家族全員分の荷物を収納し行動したので、カバンが結構な重量になってしまい、地下鉄の長い階段を持って上がったり引きずって持ち歩くのが結構辛くって。

クラムシェル40

(カリマー ジャパンより)

持ち運びにちょうど良く、機内持ち込みサイズ

旅のバッグを考える上で、まず考えたのが「機内持ち込みサイズ」であること。

インバウンドの影響で、どこの空港も混み合ってて手荷物カウンターに行列ができているのをよく見ます。そんな手荷物カウンターに荷物を預ける時間と、到着地で荷物を受け取る時間がとにかく勿体無いし、以前に東南アジアの空港に到着後、手続きにかなり時間がかかり、コンベアのところに向かったらすでに荷物の回転は終え、自分のスーツケースが迷子になったことがありました(その時は空港職員の女性が私のスーツケースを持って待っていてくれたので助かりましたが)。経験はないのですがロストバゲッジなんてこともあり得ますし、預けた荷物は結構雑に扱われるので結構痛みますから、荷物は極力「機内持ち込み」して肌身離さずがベスト。

ちなみに各飛行機会社によって「機内持ち込みサイズ」は違いはあれど、だいたいのサイズはこれです。

 3辺(縦・横・高さ)の和が115cm以内

 (55cm × 40cm ×25 cm以内)

カリマー クラムシェル40はバッチリこのサイズです。

旅の達人高城剛氏が愛用していたカリマー社の「エアポートプロ40」というものもありまして、こちらも良いなと悩みました。

この「エアポートプロ」ももちろんコロコロできて、バックパックのように背負えて、さらに小さなバックパック付いていて取り外すことでそれ単体で行動用のバックパックとして使えるという優れもの。高城氏はこの40ℓのバッグで週単位の海外旅行に出向くそう。さすがです。


エアポートプロ40

(カリマー ジャパンより)

同じく、コロコロ&バックパックになるタイプで取り外しのバックパックがないバージョンの「エアポートST」。これはこれで良さそうなのですが、サイズが30ℓと小さくなってしまう。

エアポートST

(カリマー ジャパンより)

やはり40ℓは欲しいのでSTは候補から消え、エアポートプロかクラムシェルかで多少悩みました。違いは小さなバックパックが付いて、背負えるエアポートプロか、それがないクラムシェルか・・。お値段はクラムシェルの方が安い・・、悩んだ末にクラムシェルに決定した次第。結局値段か!

いえいえ。たくさんのポケットが付いており荷物の整理がしやすいし、クラムシェル(ハマグリ貝)というくらいですのでパカっと開き、荷物の視認性も高い優れものです。

私のクラムシェル40ブラック
ローラーはスムーズです。

高城氏ならこのサイズで余裕で海外に数週間行っちゃうのでしょうが、私の場合はまだまだ荷物のUL化を推進しなければならないので難しそう。せいぜい国内旅行用ってところでしょうか。

使い勝手については今度旅で使用したらまたレポートします。早く旅がしたい。

スポンサーリンク

One Reply to “#私の旅道具 旅バッグ「カリマー クラムシェル40」が最適解か!?”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です