最強寒波襲来の中、第70回さっぽろ雪まつりに行ってきた。

しかし寒い。ここ数日の札幌市は芯から冷えるガン冷えです。

あくまでも私の私見ですが、札幌市民が「行かないイベント」ベスト3に確実に入るであろう「第70回さっぽろ雪まつり」に、超久しぶりに行ってきました。

スポンサーリンク

なぜ札幌市民はこのイベントに行かないのか?それは寒いからです。一年の中で一番クソ寒い、インフルエンザ蔓延中のこの季節です。何故ゆえわざわざ風邪をひきに行かなければならないのか?このイベントは、南国育ちの雪に触れるのが珍しい道外の観光客が楽しむためのイベントなのです(私見です)。

今回、小学生の娘が「雪まつり」に連れてってといきなり発言し、なぜこの最強寒波襲来の今年なのか?!と憤りを感じつつも、親として、娘を地元の有名なイベント雪まつりに一度も連れて行かないのもどうか?札幌に生まれたのに大人になって「雪まつり?なにそれ?」なんてことになっては不憫ですから、この極寒真っ只中の大通公園に出向いてきました。

 

大通公園1丁目にはスケートリンクがあって、「やりたい!」と娘が言うので滑ってみました。狭いリンクでしたが、都会のど真ん中でスイスイ滑るのもいいものです。意外と楽しかったです、屁っ放り腰ですが・・。

 

大通公園を西に向かうとこんな感じのスノーボードやスキーのキッカーが設置されており、何かの大会なのか、どんどんと選手たちが飛びまくってました。結構観客がいて盛り上がってました。

 

さらに西に向かうと大きな雪像のあるイベントスペースに。ここでは道内のたくさんの美味しい食事が楽しめます。魚介系に肉系、ラーメンなんかもありました。

 

時間限定で無料の食事を提供しているところがあって、おにぎりや汁物、BOSSの缶コーヒーなんかも無料で配布してました。ただ、行列に並ばなくてはならず私はパス。並ぶのは嫌いなので。

 

やっぱり寒くてもおビールは欠かせません。サッポロクラシック。ビールは寒くても美味しい。

 

年齢を重ね和菓子系、あんこが最近の私のおやつのマスト。大福系が特に好みです。会場をぶらぶらしてたら「築地そらつき」というお店があって大好物の「いちご大福」があったので即購入。

ぱっくりと割れた大福に突き刺さった巨大ないちごが特徴のこのいちご大福はとっても美味しかったのですが、極寒の屋外で販売していたので、いちごの中がちょっと凍ってました。

 

 

最終日のこの日の「さっぽろ雪まつり」大変盛り上がってました。外国の方々もたくさんいて、大きな雪像や北海道グルメなどを楽しみ、とても良い思い出となったのではないでしょうか?

私自身も、スケートを楽しんだり、食事やビールを楽しんだりと意外と楽しかったです。ただ、やっぱり予想していた通り超寒かったです日の当たる場所はまだしもビルの日陰の部分は特に寒くて体の芯から冷え切った感じです。

このイベントに来るなら絶対に防寒対策を怠らないようにしましょう。あと、マスクも忘れずに。

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です