北海道は魅力的?

北海道は魅力的なのか?


日本は小さな島国ですが、小さくてもその地域ごとに様々なファクターが混ざりあって、地域特有の魅力を持った”良いもの”が各地に点在しております。

スポンサーリンク

先日発表された  最も魅力的な都道府県ランキング2018 、北海道は10年連続第1位をゲットしました。市町村レベルでも函館市が第1位、札幌市が第3位、小樽市や富良野市もベスト10に入る北海道祭り状態。過去のランキングを見てみても、2008年度以降、ベスト3は順位の入れ替わりはありますが、札幌市、函館市、京都市の3市でずっと独占状態なんです。

都道府県ランキング2位は京都、3位は東京、4位は沖縄・・・9位長野まで昨年と全く同じ順位となりました。ちなみにこの調査は、国内1000の市区町村と47都道府県について、全国の消費者に対して認知度や魅力度、観光意欲、まちのイメージなど全84項目を尋ねたものだそう。

ちなみに、2018市町村ランキングベスト10はこのようになりました。

1、函館市

2、京都市

3、札幌市

4、小樽市

5、神戸市

6、横浜市

7、富良野市

8、鎌倉市

9、金沢市

10、仙台市

だいたい観光都市としてその土地のイメージや名産品などが思い浮かぶ、特徴のある都市が並びました。が、しかしこのランキングで、函館市が第一位とはどういうことか??

私、函館は大好きです、魚介類は美味しいし、古い街並みは見ているだけで気分が上がるし、夜景は綺麗だし、温泉もあるし。とても良い街で何度も観光に行った事がありますが、それでも日本全国の名だたる有名都市を差し置いて、函館市が日本一って調査にはなぜ?という疑問が残ります。

とりあえずこの調査から言えることは、日本人にとって「北海道は魅力的」だと思われてるってこと。

道民の一人として、地元に魅力がないよりは当然あった方が嬉しい。大変喜ばしいこの結果ですが、改めて考えると、道民と道民以外の方の「北海道」のイメージって結構違うように思います。

以前に東京にいた時に、ある人から「出身は?」と尋ねられ、「北海道」と答えたら、「マジ?いいな〜!」的な羨ましそうな反応が返ってきました。まさかのその反応、とてもびっくりしました。

確かに北海道は雄大な自然が身近にあるし、食べ物は美味しいし、梅雨がないし、ウインタースポーツが楽しめるし、魅力はたくさんあります。が、レジャー施設は少ないし、有名なショップは出店しないし、アップルストアは閉店したままだし、広すぎてどこに行くにも遠いし、気軽に本州に行けないし、青い海はないし、寒いし、結局のところ田舎だし・・、なんて「隣の芝は青い」という人間のどうしようもない心理が働き、実際に北海道に住んでいると、ほかのところの方がより魅力を感じてしまいます。

本当北海道は何が魅力的なのでしょうか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です