さっぽろオータムフェスト2018に行ってきました。「北海道は元気です。」

食欲の秋

さっぽろオータムフェスト2018に行ってきました。

 

やっぱりこれですね、札幌の数多あるイベントの中で、私の中でのベストがこのオータムフェストです。

美味しい食事、おビール、気候、雰囲気・・全て好きです。

今年は、先日起きた地震の影響でオータムフェスト中止か?なんて、勝手に心配しておりましたが、「さっぽろオータムフェスト2018」は、9月15日(土)から(~9月30日(日)まで)開催しております。通常よりも8日間日程を減らしての開催で、提供できないメニューがありとのことですがそんなことは問題ない。美味しいものはいっぱいあるはず!ということで、早速行ってきました。

 

スポンサーリンク

 

さっぽろオータムフェスト2018

「さっぽろオータムフェスト」は「北海道・札幌の食」をメインテーマとし、道内市町村や民間事業者と連携して行うイベントで、道内各地から旬の食材やご当地グルメを一堂に取りそろえることによって、道内各地域の「食」のアンテナショップとしての役割を果たし、北海道全体の活性化に貢献することを目的に実施しています。

9月6日に発生した北海道胆振東部地震の影響により、9月7日(金)からの開催を見合わせていましたが、節電対応に配慮しつつ、被災地と北海道全体の復興に貢献していきます。なお、地震の影響により当初の予定どおり出店できない店舗や、提供できないメニューが発生する見込みです。

(オフィシャルサイトより)

 

今年は・・開催期間 915日(土)~30日(日) 

平日    12:00~19:30(※ 前後3時間短縮)

土日祝 10:00~20:30

 

 

参戦に当たって、まず考えておくことがあります。

 

「何が食いたいのか?」

 

これ重要です。

各会場について

会場は広い。大通公園は東西に1.5kmもある横に長い公園です。その東側の端っこから大通1丁目、2丁目、3丁目・・・、11丁目という風になって行って、西の端っこの11丁目会場までたくさんのお店が出ています。

適当にぶらぶらしていると、結構歩く羽目になります。また美味しいものはいっぱいあって飲みたいお酒もいっぱいありますが、私の胃袋には限界があります。何も考えずに会場に行って、行き当たりばったりに食う飲むしていると、気づいたらあっという間にゲームオーバー。食べたかったものが食べられないなんてことになりますので、まず、どの会場で何が食えるのか、きちんと調べて狙いをつけて参戦しましょう。

 

○ 1丁目会場    さっぽろオクトーバーフェスト2018

札幌の姉妹都市、ドイツ・ミュンヘンの世界最大のビール祭り、オクトーバーフェストの雰囲気を楽しめる会場です。

本場ドイツで仕込まれた限定樽生「オクトーバーフェスト公式ビール」をはじめ、普段味わう機会の少ないドイツの人気樽生ビールや道内各地のクラフトビールを楽しむことができます。

フードはドイツの郷土料理やビールと相性抜群の道産食材を生かした料理を多数揃えています。

また、ドイツ伝統の民族衣装ディアンドルを着用したスタッフや音楽ライブなどが本場ミュンヘンの雰囲気にいざないます。

○ 4丁目会場  SAPPORO WELCOME PARK

大通4丁目会場は、さっぽろオータムフェストのエントランス会場として、オータムフェストの会場情報や観光情報などの情報発信を行うとともに、北海道の食材の美味しさを引き出す料理や飲み物を提供し、皆様を『おもてなし』いたします。

今年は、バラエティ豊かな店舗構成はそのまま、会場内をエリア分けし、お客様にやさしい会場構成にするとともに、様々なお酒をそろえた『WELCOME SAKABAR』を構え、4丁目会場初となる『道産日本酒』も提供し、北海道の魅力を発信します。

今年もおもてなしの会場『SAPPORO WELCOME PARK』で、北の都・札幌の心地よい秋をご満喫ください。

○ 5丁目会場  HOKKAIDOラーメン祭り2018&喰い倒れ広場

今年も過去のラーメン祭りで人気だったラーメン店を含む、全道各地から道産小麦の麺にこだわるラーメン店が延べ20店舗出店します。昨年から登場の「喰い倒れ広場」にも注目必至!ご当地グルメをはじめとして、毎年好評を博しているHBC「みんなで食べよう!北海道」ブースや「日本酒バー」ブースを設置。日本料理「十方夷第」では「氷温熟成黒豚の豪快トマホークステーキ」や「A4ランク十勝牛100%のメンチカツ」「北海道やわらか熟成ザンギ」など、魅力的なラインアップ!その他にも、「かき小屋知内番屋」「KOTORI JUICE STAND withとままえ風」「離島キッチン」「北海道ミルクチーズファクトリー」「大地のテラス」などの魅力店が道産食材を使ってのおもてなし。ビールやヴィンテージワイン、日本酒、焼酎、カクテルなどドリンク類も充実。

○ 6丁目会場  あおぞら×ほしぞら収穫祭 6丁目はーべすとバザール

6丁目会場は、今年もおいしい秋で大賑わい!札幌で話題の人気店が集まる「はーべすとキッチン」や6丁目名物 薪窯焼きピッツアの「あおぞら×ほしぞら バル」、会場めぐりにピッタリな片手グルメが並ぶ「ワンハンドストリート」など、おいしい秋をたっぷりとお楽しみください。「さっぽろグルメセッション」や「北海道はーべすとグリル」などの新コーナーにもご注目を!さらに楽しく、おいしくなった6丁目グルメをぜひご堪能ください。

○ 7丁目会場  大通公園7丁目BAR

人気急上昇の北海道産ワインから注目の北海道産シードル。道産米を使用した日本酒やどぶろく。道産原料の焼酎、クラフトビール、果実カクテルなどなど北海道産のお酒を一堂にラインナップ。

ワンコインで飲みくらべのできる企画やコーナーも多彩に用意しています。

○ 8丁目会場  さっぽろ大通ほっかいどう市場

道内市町村が一堂に集結する8丁目会場は、各地のふるさとの味や特産品などを、この場で味わい楽しめる、「北海道の味と魅力のショーケース」会場です。今年から会場名を「さっぽろ大通ほっかいどう市場」にリニューアルし、よりいっそうの豊かさとクオリティーで「北海道の味覚」をお届けいたします。

○ 10丁目会場 Oh!ドーリファーム“お肉じゅっ丁目”

牛肉、豚肉、鶏肉、羊肉はもちろん、ジビエも加わり、お肉がたっぷりの10丁目会場。今年はBowl Kitchen(ボウルキッチン)が登場!新しいお肉の食べ方をご提案します。人気のテントゾーンで野外フェス風の楽しい雰囲気と美味しい料理をぜひお楽しみください。

○ 11丁目会場 THE Autumun -食のクリエイトステージ-

札幌市内外の人気店のシェフが日替わりで北海道食材を使用した特別料理を提供する「Chef’sSTAGE」や、近郊農家の採れたての農産物を販売とオータムフェストでしか食べることのできない飲食メニューの提供を行う「さっぽろできるだけプロジェクト」。道産チーズにあわせた、ワインやシードルも楽しめる「ワイン&シードル × 北海道産ナチュラルチーズBARby さっぽろアフタヌーン」。高校生による「チャレンジオータム」や観光PR等を行うPRブースも実施しています。「11丁目コラボトークイベント」も開催し、見て美味しい、学んで美味しい、食べて美味しい会場です。

 

 

 

狙いは、「肉」です。

私の狙いは、肉です。美味しい肉を堪能します!

10丁目会場 Oh!ドーリファーム“お肉じゅっ丁目”からスタートします。

地下鉄東西線の西11丁目駅で下車、地上に上がると早速会場です。

 

天気良い。気温は25℃ほどでしょうか、カラッとした気持ちの良い天気です。

 

 

 

 

牛肉の寿司

 

マルゲリータ

 

おビール

一通り肉を食らって、そろそろ次の会場へ移動することに。

 

8丁目会場さっぽろ大通ほっかいどう市場では、北海道の魚介系のお店がたくさん。

ビールを片手に会場を練り歩き、ウニのおにぎりを食べつつ次の会場へ移動。

 

6丁目会場  あおぞら×ほしぞら収穫祭 6丁目はーべすとバザール。

 

ここは毎年一番雰囲気の良い会場です。

 

ポテトです、これ。

 

 

 

今年もオータムフェストは、期待通りの美味しい食事、お酒を堪能することができました。会場はたくさんの人で混雑し大変盛り上がって、皆さんイベントを楽しまれていたと思います。

地震の影響で中止の心配がありましたが無事開催されて本当に良かったです。

今回の地震で札幌市の一部の地域を除いて被害はなく、もう結構普通の暮らしに戻っております。ライフラインは問題なく、スーパーでは食材などの物資はだいたい揃ってきているので、本当普通になってきております。

北海道の一部の地域では地震の影響でまだまだこんなイベントを楽しむ雰囲気にはなれない方も多いでしょう。本当に早く復興することを願っています。

 

北海道は元気です!

 

スポンサーリンク

One Reply to “さっぽろオータムフェスト2018に行ってきました。「北海道は元気です。」”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です