今秋のオープンが待ち遠しい「江別 蔦屋書店」着々とテナントが決まっております。

札幌市のお隣「江別市」をご存知でしょうか?

江別市は石狩管内では札幌市に次ぐ規模のまちで、レンガの町としても知られている、札幌市のベッドタウン的な街です。今秋、その江別市に、北海道では2店舗目の「蔦屋書店」のオープンが控えており、現地では着々と工事が進んでいるようですね。楽しみですね。

スポンサーリンク

北海道には2013年にオープンした函館蔦屋書店があります。

出典先:Culture Convenience Club Co.,Ltd.

もともとの代官山蔦屋書店の意思を引き継ぎ、蔦屋書店の全国展開第一弾としてオープンしたこの函館蔦屋書店。私はとても興味があるのですが、まだ行ったことはありません。

札幌市民にとっての函館は同じ道内でも結構遠く、気軽に行ける場所ではないし、函館旅行に行くなら、他に見たり食べたりしたいことがいっぱいでわざわざ蔦屋書店に行くってこともないしで・・。そんな折、蔦屋書店が江別にできるってニュースを見て心が踊りましたね。

そもそも「蔦屋書店」とは、みなさんご存知のTSUTAYAのことなんですが、デジタル化が進み、本が売れず街中の書店やCDショップが次々とお店を閉じておりますが、その一方で、着実に店舗拡大を図っている書店があり、その代表格が「蔦屋書店」です。

「書店」でありながら、本を売るためだけの施設ではなく、楽しんでいただく空間を目指し、本とライフスタイルを融合させた、新しい形態の書店です。

江別蔦屋書店

江別蔦屋書店は「”田園都市スローライフをコンセプト”とし「食」と「知」と「暮らし」の3棟からなる大型複合書店。それぞれの棟はBOOK &CAFEを中核に、大自然に囲まれたゆっくりとくつろげる空間」で、地域コミュニティの拠点を目指す、とのこと。

江別蔦屋書店の概要

所在地 北海道江別市牧場町14

江別市牧場町・・、札幌市民にとっては全くと言っていいほど知らない場所です。結構普通の住宅街の中って感じでしょうか。

敷地面積:33.473㎡

駐車台数:179台

店舗数:15店舗

テナント出店予定としては、今のところ決まっているテナントは、もちろんですがメインとなる蔦屋書店、スターバックスコーヒー、カルディコーヒーファーム、期間限定ですが、フライングタイガーコペンハーゲンも出店予定とのこと。

そして何と言っても日本初出店となるハワイの有名イタリアンレストラン「アランチーノ」が出店決定しました!ハワイではベストイタリアン部門金賞を受賞された名店です。

アランチーノ EBETSU

「アランチーノ」は、ハワイ・オアフ島に位置する“素材第一主義”のイタリアンレストランとして、イタリアから仕入れた高級素材をふんだんに用い、野菜の多くは地元の契約農園からの新鮮なオーガニックを使用、魚は地元を中心に、ないものは築地からも取り寄せるこだわりで、ハワイ在住の日本著名人からも愛される屈指の名店です。

ハワイのアランチーノ総料理長の定期指導のもと、地産地消をテーマに江別の食材とのマッチングを致しましてお料理をご提供させていただきます。さらに、北海道産食材をふんだんに用いて、ここでしか味わえない特別メニューも提供いたします。

引用:アランチーノ江別

函館蔦屋書店のテナントは、スタバにカルディ、レストラン以外には、コスメショップ、モバイルショップ、コンビニ、ボーネルンド、花屋、エステ、美容室、雑貨屋、ノースフェイス等が入居しているようですから、まだまだ多様な業種のテナントがこれから決まって行くのでしょう、期待して朗報を待ちましょう。いやあ、本当楽しみですね。

(追記)

続々とテナントが決まりました!スタバにカルディ、ボーネルンドはやっぱりでした。その他のショップは道内の有名店が多いです。

・Flower Space Gravel / caffe vanilla

ユニークで珍しい植物や植物に関連した雑貨等の販売。

・ODD BAKERY

「麦の里江別」に新たに生まれた、地元のベーカリー。

・CLOCK

札幌円山に本店を構えるクロックは1993年創業の欧風カレーの名店。

・増田おはぎ

札幌の人気店増田うどんがプロデュース。道産素材、無添加、手作り、にこだわったおはぎ専門店。

・175° DENO

担々麺

・円山ジェラート

円山の閑静な住宅街に本店を構える円山ジェラート

・オガコーポ―レーションの新業態

江別ならではの「点心」を中心とした新業態

・Hakodate Omusubi 函太郎

函館を中心に全国で店舗展開する「回転ずし函太郎」が手掛ける、贅沢銀しゃりおむすび。

・USAGIYA

“日本茶との新しい付き合い方”をデザインする旭川発の日本茶ブランド。

・harvest

長沼町にあるファームレストラン 「Harvest」がアップルパイの専門店をオープン。

(さらに追記)

・iGATE IKEUCHI

札幌市にある高級アウトドアブランドを扱うショップです。札幌市内の街中、ニセコ、旭川にテンポがあります。

・BETWEEN THE BREAD

美瑛町で大人気のハンバーガーショップの姉妹店。

・メトロクス札幌

家具や雑貨のセレクトショップ。ハーマンミラーやウィルクハーンの正規代理店。

・ベーコン専門店 Une cled Oz (ウェ二クレード オズ)

札幌の燻製専門店「おず」の新業態

スポンサーリンク

One Reply to “今秋のオープンが待ち遠しい「江別 蔦屋書店」着々とテナントが決まっております。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です