W杯第2戦VSセネガル 醍醐味が詰まったゲーム

楽しみにしているドラマの結末を人に教えることは犯罪行為です。同じように、楽しみにしているサッカーの結果を人に教えることも犯罪行為ですから気をつけましょう。

 

スポンサーリンク

 

毎日熱い試合が繰り広げられ、日本中が、いや世界中が注目しているサッカーワールドカップ ロシア大会。

時差のせいで試合時間が夜中です。平日の夜中に眠い目をこすりながらのテレビ観戦となり、寝不足は確実に翌日の仕事に支障をきたすので、オンタイムでの試合観戦はなかなか勇気がいる行為、無理が利かない年齢なもので結構キツイ。

VSセネガル、試合はやっぱり夜中です。0時キックオフ。0時キックオフってことは試合が終わるのは2時過ぎ、2時過ぎに試合が終わって、興奮しているところですぐには寝れないから、3時、4時まで起きていて6時に起床し仕事に行く・・、これは確実に辛いだろう。しかも月曜日だし。色々と考えて、まず試合を録画予約し、21時に寝る。4時頃起床して、TVニュースやネットで試合結果を知ってしまわないように細心の注意を払いつつ、録画した日本代表戦を観戦する作戦を取ることにしました。これなら自分の中ではリアルタイム観戦で試合のドキドキ感は保たれるし、いつもよりちょっと早起きした感覚で、翌日の仕事にも支障はないだろうし逆に早起きしたことで体の調子が良いかもしれないし。

 

VSセネガル

作戦通りに早朝に起床して生観戦した試合内容はとっても面白かったです。

先発は初戦VSコロンビアと同じ。

GK 川島

DF 吉田、昌子、長友、酒井(宏)

MF 長谷部、柴崎、原口、香川、乾

CF 大迫

確かに初戦、とっても良いゲームでした、ただ同じメンバーで戦うのは、その先を考えると不安もあります。

試合序盤はフィジカルがすごいセネガルの選手たちの強さにまだ慣れていないからか、結構危険な場面を作られ、GKのミスもあって先制点を取られる形に。川島・・、ちょっと不安だ。GKは雰囲気が大事です。点を取らせない雰囲気が。これはヤバイか?なんて思っていたのですが、その後、日本が試合を支配し始め、乾選手の得意の形で同点ゴール!

後半も日本の流れになって試合を支配していたのですが、一瞬の隙をつかれゴールを奪われる。初戦と同様に香川に替わって「持っている男」本田圭佑選手が投入され、その本田圭佑選手が同点ゴール!

このまま試合終了となり2−2のドロー。グループリーグ突破に向けて、順調に勝ち点を稼ぐことができました。

 

この試合のMOMは、やっぱり本田圭佑選手です。同点ゴールをあげたことももちろんですが、その前、前半の先制点を奪われたシーンで、ベンチの本田圭佑選手が「落ち着け!」と選手たち声出しし、それが効いたのかはわかりませんが、選手たちは浮足出すことなく落ち着いて自分たちのサッカーを展開しました。

ベンチから冷静に試合を分析し、きちんと指示を出す。さすがです。

 

試合自体、アグレッシブな守備からの攻撃、試合を支配し意図ある攻撃が出来ていたのではないでしょうか。とても面白く、正直「勝てた」試合ではあったかもしれませんが、それは欲張り過ぎか。勝ち点1でも御の字です。でも、ここで勝利できていたら次のポーランド戦は消化試合となるので、メンバーを入れ替えることができて選手の疲労回復、新戦力の確認ができたので、勿体無かったです。

とにかく次、勝ち点1で、自力でグループリーグ突破となります。

頑張れ、日本!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です