俺のノース(THE NORTH FACE)

私の若い頃は、とにかく流行りを追うのに一生懸命で、自分の確固たる基準、主義なんて微塵もなく、ただただ世間のファッションピーポーの流す情報を鵜呑みにし、自分に似合っているかどうかなんて二の次で、他人を真似て喜んでいました。

最近札幌は急に暖かくなってきたので、衣類の衣替えをしていたのですが、衣類BOXの下の方に長らく眠っていた年季の入った服を見て、ふとそんな過去の自分を思い返し、若き日の自分ノスタルジーに一瞬浸りました。今思えば、若い頃は、それはそれで色々とチャレンジしてのことですし、人生の中の必要な過程であったのかなとも思います。

失敗を繰り返し、少しずつ自分というものを知っていく、失敗があったからいまの自分があるってことです。

本田圭佑選手も「失敗は結果じゃなくって、過程」だと言っていたし、とっても大事なことです。

ちなみに、若き日の思い出満載のこの十何年前の服は、もう何年も着ていないし、いまの自分のスタイルには全く合わないので、速攻捨てました。置かれている状況、考え方、趣味などで、男の装いなんてものは都度変わって行きますから、無駄なもの結構ありますがどんどん整理していきます。

シンプリストに憧れて、まだまだ道半ば。捨てなきゃならないものがたくさんあります。

 

スポンサーリンク

 

THE NORTH FACE

で、その衣替えをしていて、ふと、いまの自分の衣類は「ノース(THE NORTH FACE)ばっかだな・・」と気づきました。

ノースフェイス、皆さんご存知ですね。1968年に、アメリカのサンフランシスコで創設されたブランド。最初スリーピングバッグを作って、人気を博し、以後もずっとアウトドア関連の衣類やギアを作り続けている、超有名アウトドアブランドです。

 

ストライクジャケット

この青いジャケット、超軽量のレインウェアです。旅に山に重宝しております。とっても小さくまとまるのでカバンの中に忍ばせておけば、急な雨でも安心です。

 

サイエンスオブムーブメントロングスリーブダンガリーキャノピーシャツ

長い名前ですが、ネイビーの化繊シャツのことです。山のミドルでシャツが着たいと思い、色々と探してて。山だと化繊が基本なので、これにしました。

 

バーブパンツ

バーブパンツのバーブとは、「動く」ってことを意味するようで、ストレッチ性があって、動きやすい。ポケットやモモのジッパーを開けると風が抜けて体温調整がしやすいです。一年中使えるパンツです。

 

ジャーニーズコート 

薄手のジャーニー(旅)コートです。丸めるととても小さくなります。

 

マクマードパーカ

超暖かダウンジャケットです。もともと南極観測隊のために作られたダウンで、その暖かさは間違いない。北海道の冬はこれ一本です。

 

ラン用の短パンとマウンテンバーサマイクロジャケット

右側の方です。

山登りに行った時に着用しました。短パンはランニングでも使っておりますし、バーサマイクロに関しては、秋〜春にかけて確実に着ております。

 

メッセンジャーバッグも。

これもそうでした。

 

最近の私は、衣類を買うときは、だいたい登山や旅に使えるかどうかが重要となっていて、機能性に優れたアウトドアブランドものをチョイスすることが多いのですが、都度その機能、デザイン等から選ぶものがたまたまTHE NORTH FACEだっただけで、特別ノースが好きって訳でもないのですが、たまたまいまの自分の気分に合ったブランドなんだと思います。

 

スポンサーリンク

2 Replies to “俺のノース(THE NORTH FACE)”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です