西野ジャパン発表!全体的な印象は「固い」

日本サッカー協会は、30日に日産スタジアムで行われるキリンチャレンジカップ・ガーナ戦に臨む日本代表のメンバー27名を発表しました。

本大会のメンバーはまだ決定ではありませんが、このVSガーナ戦の西野ジャパンのメンバーがワールドカップ本番のメンバーの基本となるようです。

スポンサーリンク

VSガーナ戦メンバー

まずは、その注目のメンバー27名はこちら。

GK:

川島永嗣(メス/フランス)

東口順昭(ガンバ大阪)

中村航輔(柏レイソル)

 DF:

長友佑都(ガラタサライ/トルコ)

槙野智章(浦和レッズ)

吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)

酒井宏樹(マルセイユ/フランス)

酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)

昌子源(鹿島アントラーズ)

遠藤航(浦和レッズ)

植田直通(鹿島アントラーズ)

MF:

長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)

山口蛍(セレッソ大阪)

乾貴士(エイバル/スペイン)

香川真司(ボルシア・ドルトムント/ドイツ)

原口元気(フォルトゥナ・デュッセルドルフ/ドイツ)

柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)

井手口陽介(クルトゥラル・レオネサ/スペイン)

青山敏弘(サンフレッチェ広島)

本田圭佑(パチューカ/メキシコ)

宇佐美貴史(フォルトゥナ・デュッセルドルフ/ドイツ)

大島僚太(川崎フロンターレ)

三竿健斗(鹿島アントラーズ)

FW:

岡崎慎司(レスター・シティ/イングランド)

大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)

武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)

浅野拓磨(シュツットガルト/ドイツ)

 

サプライズは、好調サンフレッチェ広島の中心選手、青山敏弘。今年所属チームで大活躍した、中島、森岡、堂安は選ばれませんでしたね。中島・・、なぜ選ばない?

他のメンバーは、ハリルホジッチ時代に選ばれていた選手が多い。

当初の予定では35名ほどに絞り込むとの情報でありましたが、27名ってことで、8名足りません。今回の会見の中でその残りの8名は誰なのか?多少ヒントとなる名前が出てきました。

今野泰幸(ガンバ大阪)、小林悠(川崎F)清武弘嗣(C大阪)怪我が理由。

久保裕也(ヘント)所属チームの試合がまだ残っているため。

この4人は35名のリストに名前が入っていたってことでしょう。

では、あと残り4名は誰なのか?合宿を経て、多少の入れ替えはあるかもしれないので気になります。

 

ちなみに、4月11日のブログで、私が予想したメンバーリスト。
(関連)西野ジャパンのスタメンを予想してみた
この27名のリストと私が予想したメンバーの中で、まずはGKとDFは完璧予想通りでした。
GKは本番も3名。川島、中村、東口
DFは、そのフォーメーションにもよるのですが、長友、酒井(宏)を使わない手はないので4バックを基本とし、CBは吉田、槙野、昌子、植田、SBは前出の二人と酒井(高)、遠藤。
FWもだいたい予想通りでしたが、浅野は今試合に出ていないので・・どうでしょう。岡崎も最近いまいちなので合宿の状況次第でしょうか。私は岡崎、大迫、武藤を予想しておりました。
で、MFは予想外の選出も多かった。
将来のことも考えて、せめて中島は入れて欲しかった。年齢的に次のW杯の主軸ですから。
GK、DFはほぼこのメンバーで本番も決まりでしょう。FWも1トップ、2トップどちらにするのかわかりませんが、だいたいこのメンバーとなりそう。浅野がダメなら久保が入るかな?
MFは、香川を筆頭に井手口など、試合勘が欠けている選手のコンディションの確認の意味合いもあって今回のVSガーナ戦はとっても重要だと思います。
全体的にこのメンバーを見て、印象としてはあまり新鮮味のない「固い」選出となったと思います。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です