2016年10月2日 姿、眺め良し「徳舜瞥山」登山

伊達市大滝村にある「徳舜瞥山(とくしゅんべつやま)」は標高1309m。この山は、山頂からさらに約30分ほどのお隣の山「ホロホロ山」とセットで登る方が多いようですが、今回私たちは、はじめて登る山なので、徳舜瞥山のみでアタックしてきました。

 

スポンサーリンク

 

10:13 登山口 (5号目)→ 10:41 6号目(伏流水) → 11:03 7号目(旧道分岐)→  12:17山頂

 

山頂はちょっと雲がかかっています。こうして見ると結構遠く感じますね。

 

10:13 登山口 (5号目)

登山口まではキレイな舗装路を車で登っていき、登山口前に広い駐車場があります。車20台くらいは停められそうですが、この日は9:30頃到着し、すでに結構込み合っていました。もう少し遅くなったら停められなかったかもしれません。

この入林箱内の入山届を出して、横にある鐘を鳴らして入山します。

この登山口の時点ですでに5合目、標高700mほどあります。

 

登り始めはこんな感じで紫明川沿いに進みます。鉄砲水で川床が侵食されて結構荒れています。大きな岩を乗り越えていきます。

登山道はわかりづらいのですが、テープが巻いてあるので、そちらに進んでいきます。

 

岩場を抜けると、細いしっかりとした登山道になるので、だいぶ歩きやすくなります。倒木をくぐったりしつつ、どんどん進んでいきます。

 

 

10:41 6号目(伏流水)

川を渡ったら、地下水が出る水場があります。ここで6合目になります。

大して喉が乾いているわけではないのですが、せっかくなので地下水飲んでみます。結構冷たくて美味しいです。

 

 

11:03 7号目(旧道分岐)

こんな急登を登りつつ

 

見上げれば、山頂はまだまだ遠い。

 

結構登った感があるのですが、まだ7合目。

 

娘が疲れたと訴えるので休憩を挟みつつ

さらに登ったら稜線に出ます。ダケカンバの尾根を登っていくとハイマツに変わっていきます。

景色が開けて北海道南部の山々がキレイに見えます。私が車を停めた駐車場が遠くに超小さく見えます。

 

12:17山頂

景色が開けているこの稜線を気持ちよく登ったら、ほどなくしてゴール!

 

山頂は南側が崖になっています。

 

娘のペースに合わせて登ったので時間は2時間05分ほどかかりました。標準タイムが1時間50分ほどのようなので、まずまずのタイムでしょうか。

 

山頂では温かいコーヒーを入れて一服。山を登り終えた後のコーヒーは本当に美味しい。

 

なんでかこういうところ、座ってみたくなります。この奥に写っている山がホロホロ山です。

 

私のような小学生の娘がいる方でも、それほど無理なく登り切ることができると思いますよ。そして、登りきったらこの眺望が待っております。太平洋や噴火湾、支笏湖や洞爺湖、札幌近郊の山々もしっかりと眺められます。

私は今回、徳舜瞥山のみの登山でしたが、今度は隣のホロホロ山もセットで登りたいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です