宮城県の縁結びの聖地「定義山」を散策

H30年5月。春の日差しが気持ち良いこの季節。仙台市にある、年間約100万人の観光客が訪れるという人気の観光スポット「定義如来西方寺」に行ってきました。

 

スポンサーリンク

 

場所はここ。

定規如来西方寺

〒989-3213 宮城県仙台市青葉区大倉上下 仙台市青葉区大倉上下1

仙台市内からは車で一時間ほどの山間にある、歴史のある寺院。

ここは、平安時代の貴族、平清盛の家臣・平貞能ゆかりの、300年以上の歴史のある寺院。正式には西方寺という浄土宗の寺院ですが、“定義山”として東北方面の方々には親しまれ、また縁結びにご利益があると有名なんだそう。

 

本堂

 

定能堂

 

五重塔

 

 

この歴史のある寺院巡り以外にも、ご当地グルメが楽しめます。

 

味噌をたっぷり塗った焼きおにぎり「やきめし」220円

 

暑い日には、この冷えたキュウリの漬物が美味い。150円

 

あと、ここに来たら絶対外せない「三角あぶらあげ」

 

このあぶらあげは、かなりデカくて分厚く、食べ応えのある油揚げですが、数店舗ある油揚げ屋さんの中でも、いつも行列ができる有名店が「定義とうふ店」です。

以前はもっと古びたお店だったようですが、やっぱり超人気店。とっても綺麗な御殿です。

 

「三角あぶらあげ」130円

にんにく七味と醤油をかけていざ実食!

杜の都「宮城県仙台市」。歴史のある寺院で心を清め、さらにはご当地グルメが楽しめるパワースポット“定義山”はちょっとした観光にぴったり。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です