見ているだけで心が安らぐ、2018「リサ・ラーソン展」in 札幌。

2018年4月1日から6月10日、札幌芸術の森美術館で「リサ・ラーソン展」が行われております。

リサ・ラーソン、もちろん名前は知ってます。

猫やハリネズミ、ライオンなど、とても可愛らしいイラストが特徴で、様々なグッズが雑貨屋さんで販売されており、私は、リサ・ラーソンの猫のイラストのペンケースを使っています。私は勝手に、北欧辺りの「イラストレーター」というイメージでしたが、実は結構ご高齢のスウェーデンを代表する「陶芸家」でした。

そのスウェーデンを代表する陶芸デザイナー「リサ・ラーソン」の、傑作約190点が集結した本展は、2016年にロェースカ美術工芸博物館(スウェーデン・ヨーテボリ)で開催された「リサ・ラーソンの作陶60年」展の出品作品をベースに、初期から近年に至る代表作をテーマ別に展示されたもの。これは見逃せない、ということで行ってきました。

スポンサーリンク

 

場所は、まだ雪が残る「札幌芸術の森美術館」

 

住所:札幌市南区芸術の森2丁目75番地

 

 

 

写真撮影NGで、残念ながら画像で紹介できませんので、中の様子は実際に見にいって確認してくださいね。

 

 

作品は、テーマ別で展示されておりまして

 

鳥、猫、犬などの動物系から、姉妹、男と女、家族の肖像などの人間もの、

面、社会討論とか、ちょっとよくわからない作品など、たくさんあります。

 

リサの夫、グンナル・ラーソン氏の作品や、長女のヨハンナによるニット作品なども展示され

ておりました。

 

 

館内をぐるっと回って、最後はリサ・ラーソン展のクライマックスである、グッズ売り場!

たくさんの文房具に、手ぬぐいやトートバッグなど。どれもこれも可愛らしい。あれもこれも欲しくなりますが、今回のグッズ売り場の1番の狙いは、この展示会限定で販売される、陶器のコーギーフィギュアです!展示会限定品です。

私、コーギー犬を飼っていたので(2016年に天国へ行ってしまいました(泣))

ちなみにこの子です。

 

このコーギーフィギュア気になっていました。

ただ、お値段が、24500円とちょっと強気なお値段設定なのと、実物を見ると思ったより可愛さが・・・。

結構悩んだ挙句、結局、別のコーナーからその大きな目で私を睨んでいた、こちらのフクロウさん購入しました。

フクロウ 16000円

とっても可愛いです。福を呼ぶ「フクロウ」、今後よろしくお願い致します。

 

 

 

 

あと、サーモマグも。

 

 

 

グッズ売り場をでたら、写真撮影Okだったので、こんな感じ

 

あと、ポップアップカードの塗り絵コーナーがあったので、娘と一緒にヌリヌリ。

 

 

まとめ

・入場料は大人1000円、高校・大学生700円、小中学生400円、小学生未満無料。前売り券購入で各100円引き。

・芸術の森にの駐車場は、一回500円取られますが、回数券(6回分)1000円を購入した方がかなりお得です。

・リサ・ラーソンの動物系作品はとにかく可愛い。見に行って損はないと思います。

・グッズ売り場では、どれもこれも可愛くて欲しくなるので、気をつけないとかなりの出費になります。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です