男の山道具。トランギアのクッカーとケトル

山では軽さは正義

ということで、UL志向の方が山に行く時、アルコールストーブを使うことが多いと思うのですが、アルコールストーブは調理というよりもお湯を沸かすために使うので、山での食事はアルファ米などのお湯を入れたらすぐに食えるタイプが中心となります。スタイルによりますが、私は、山でもきちんと食べたい方。まあ登る山にもよりますが、可能な範囲で食材を持参し、切って焼いて、煮込んで、食べる。お酒も一緒にいただきたい。

そうなると、アルコールストーブではどうしても火力面に不安があるので、私はガスストーブを持参することが多い。

 

スポンサーリンク

 

トランギア ツンドラ3ブラックバージョン

山で調理するとき、活躍する私のクッカーはこちらです。

trangiaロゴの眩しいオレンジの袋に入ってます。

 

ちなみに、トランギアとは・・

トランギア ヒストリー

1925年、トランギア社はJohn E.Jonssonによって創設されました。若い頃から優れた技術と先鋭的なデザイン力を持ったJohnは、農業に従事することから離れ、会社を興します。これが、耐風性に優れたストーブを何世代にもわたり作り続けるトランギア社の始まりでした。当初は家庭用のクックウエアを生産していましたが、1930年代になると労働者の休日が増え始め、余暇を過ごすためのキャンピングギアへの需要が高まります。これを契機にキャンプ料理のための製品開発へと主軸を移すことを決ます。

1938年、Johnの2人の息子OlleとErikが加わります。

そして、1951年にストームクッカーの最初のプロトタイプが開発されます。そのコンセプトは、燃料として最も効率的であった液体燃料を使用し、使いやすくそして、コンパクトで料理がしやすいストーブであることでした。

1970年代、トランギア社にErikの息子、BengtとLennartが加わり、現在はBengtがCEOとして、Lennartが技術開発責任者として手腕を振るっています。このようにトランギアの豊かな創造力は、4世代に渡り引き継がれています。

Trangiaの名称はTrångsvikenという村の名前を語源としています。Trångsvikenの「a」の上の〇マークを取り除き、アルミ製品であることの「in aluminium」から「ia」を追加して「Trangia」とすることをJohnは決めたのです。それからの数十年の間、トランギアの名前は、スウェーデンはもちろん世界中のアウトド ア市場で、最も有名なブランドのうちの1つとして認識され続けています。

トランギアは、経験と能力、そしてモダンなデザインの象徴となっています。トランギアを代表するストームクッカーは、開発、改良を続けること60年が経過していますが、今も90年前にJohn E.Jonssonが創設した時と同じスウェーデンの村で製造され続けています。細かい部分は見直され、改良されてはいますが、オリジナルリティのある巧妙なデザインは、今も多くのユーザーから支持されているストームクッカーの大切なカギとなっています。

(オフィシャルサイトより)

中身はこんな感じ。

 

公式のスペック

□総重量 535g(ハンドル込み)

□収納サイズ:Φ20×H8.8cm

□フライパン

□ソースパン1.5ℓ

□ソースパン1.75ℓ

□フタ:アルミ製

□アルミハンドル

 

 

このようにフライパンや鍋をつかみます。

 

フライパン。

 

アルミ製、ノンスティック加工されております。私は親子3人分の調理で使うので、フライパンはちょっと小さいかったかな。でも登山使用ではこれ以上大きいと邪魔なので。

鍋。アルミ製、ノンスティック加工されております。1.5ℓ 1.7ℓの二つ。微妙にサイズ違いの二つ。

蓋。ノンスティック加工されております。フライパン、鍋2種類全部に合います。取手はゴムが付いてます。

収納はフライパン、1,75ℓの鍋、1.5ℓの鍋、蓋の順に重ねるだけです。

このクッカーは、よく行くアウトドアショップの「○○スタッフのおすすめ!」という宣伝文句につられて購入したのですが、使ってみてとても気に入っております。

素材がアルミなので熱伝導が良く、登山向けなので結構軽いです。激しくぶつけると凹むかもしれないですが、それも味ということで、ガシガシと使っております。

 


 

 

 

トランギアのケトル

登山の山頂で飲む、ちょっと甘めのコーヒー。キャンプ場の朝、肌寒い時間帯に目覚めの苦めのコーヒー。アウトドアで飲むホットコーヒーは本当に美味しいです。

お湯を沸かす時、山でもキャンプでも「トランギア・ツンドラ3ブラックバージョン」の鍋を使っていたのですが、ちょっとお湯が欲しい時にわざわざこれを出すのは面倒臭い。これで事足りると言えば足りるんですが、結構お湯だけ沸かしたい時ってあるんですよね。

ということで、ケトル買うことにしました。

所詮(といっては失礼だが)お湯を沸かすだけのシンプルな道具です。どんなのでも良いのですが、調べたら国内外いろいろなメーカーから山用ケトルは販売されていて、素材や形は多種多様。価格帯は2000円~4000円くらいでだいたいは2000円台が多いかな。

正直言ってよくわからないので、私のクッカーのトランギアとの相性を考えて、同じく「トランギア」にすることに。

 


サイズは3種類、0.6ℓ、0.9ℓ、1.4ℓ

使うお湯の量は、コーヒーなら一杯約150ccくらい、カップラーメンなら約290cc。蒸発分を考えても300ccあれば充分かな。0.6ℓだとちょっと足りないか?1.4ℓだと多い。でもここは軽さを優先し0.6ℓをチョイス。

 

超シンプル

こんな感じでトランギアツンドラ3に入れて持ち運び可能です。

スポンサーリンク

One Reply to “男の山道具。トランギアのクッカーとケトル”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です