男の山道具 いつもオピネルのフォールディングナイフをポケットに。

着倒したヨレヨレのネルシャツにジーンズ、ニット帽をかぶり、顔にはヒゲ。うまそうに肉を食い、豪快に酒を飲む。ぱっと見怖そうだが、笑った時にできる目尻のシワ、人懐っこい笑顔に人の良さが滲み出る。

スポンサーリンク

私がイメージするアメリカ辺りの、というかアメリカ人の親父なんですが、何となくカッコいいと思う。決して流行りのスタイルではないし、清潔感?ないでしょう。多分近くにいたら汗臭いし酒臭いでしょうね。でも、なんかスタイルがあって、頼もしいところと、情けないところが入り混じり、やけに人間味のある男、私はそんなカッコいい親父になりたいと思っている。

・ヒゲが似合う

・ちょっとだけマッチョ

・笑顔が素敵

・白いシャツが似合う

・酒が好き

・自然を愛している

・よく怒るけど、よく泣く

・猫より犬が好き

・説得力がある

・暑さ寒さにやけに強い

カッコいい親父とはこんな感じか。私にはないものばかりだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな親父のポケットには、親父と同じくらい年季の入った、オピネルのナイフが入っていてほしい。1890年にフランス人ジョセフ・オピネルが考案し、原型を変えることなく今も数々の冒険家たちのパートナーとして活躍するナイフ。かの有名な、画家のピカソも愛用しておりましたが、もちろん私も愛用しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

使い込んで味の出たナイフの風合いがカッコ良い。アウトドアナイフの条件は、携帯性・使いやすさ・耐久性が重要だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイズはNo.2~No.13まで販売されています。価格は1500円~3500円程度でお手頃価格。

ステンレスとカーボンブレードの二種類の刃があり、私は面倒臭がりなのでメンテナンスフリーのステンレス製をチョイス。

折りたためば安心。

 

 

キャンプの時に、さっとこれをポケットから出してワイルドに肉を切り分ける。

うーん、イメージしただけでもカッコいい。

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です