人の価値とはその人が得たものではなく、その人が与えたもので測られるのだ。

icon-adjust 遠い遠い未来、この地球にも寿命が来て人が住めなくなると、ある番組で言っていました。地球に隕石が衝突する「アルマゲドン」状態になるのか、それとも太陽が爆発するのか。

まさか核戦争?

そうなった時のために、人類を地球じゃないどこかの星に移住させる必要があります。世界の優秀な科学者たちはその遠く離れた宇宙のどこかの星に人類を送り届ける方法を研究していますが、課題が沢山あります。

スポンサーリンク

1番の課題は人間関係

icon-adjust 無重力空間に長期間滞在することにより骨が脆くなったり、眼球の圧迫により視力に影響が出たりする。また放射線による健康被害もかなりの課題であると言われております。ただ、これらの課題は、優秀な科学者達が様々な対抗策を実験し、近い将来、技術的に解消できるようだが、1番の課題は、なんと人間関係なんだそう。

狭いロケットの中で何十年と同じ顔を付き合わせていると必ず揉め事が起こる。優秀な科学者達にとっても、これはどうしようもないことであり、もっと技術を上げて移動速度を向上させるとか、人間を冷凍保存して送るとか、優秀な精子と卵子を星に送り出し、ロボットが子供を育てるなどの対抗策はあっても、根本の揉め事が起こらないようにすることは解決しようがないんだとか。

これって身近によくある問題です。

至る所でよく起こる人間関係の問題。人間ていうのは、狭い空間でずっと顔を突き合わせていると、必ずなんらかの揉め事を起こすものなんだとか。人間の本質がそうさせるんでしょうか。相性の合わない人同士は、極力顔を合わせない方が良いのでしょうか。

最近、わたしの周りで些細なことが発端のイザコザが起こり、お互いの話を聞くと「相手が悪い」と、お互いが同じようなことを言う。

トラブルの内容は、ほんと些細なことだ。あるお笑い芸人なら「聞いたらわかる、くだらんヤツやん」と一蹴しそうな、ほんとくだらないことになぜか熱くなって、収拾がつかない。

私は、もともと気持ちの振れ幅が極端に少ない、自他共に認めるドライな性格で、極力人と争わない”事なかれ主義”。普段から熱くなることがないため、燃えたぎっている彼らの、その怒りの感情にいまいちピンとこない。理解できないといった方が良いか。

なぜ、自分と違う考えを否定するのか。なぜ、相手を言い負かそうとするのか。

 

 

勝ちを優先して、自分の価値を下げている。

「人の価値とはその人が得たものではなく、その人が与えたもので測られる」

アルパート・アインシュタインの言葉だ。

相手を言い負かして何か意味があるのか?

相手に勝った、負けたではなく、自分の価値を上げる努力が必要なのではないかと思う。

スポンサーリンク

One Reply to “人の価値とはその人が得たものではなく、その人が与えたもので測られるのだ。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です