「武尊と天心」見たいけど、見たくない

「強さへの憧れ」

男なら誰もが「強者」への憧れとか尊敬の念みたいなものを持っていると思います。こんな私でも、それ持ってまして「格闘技」を観戦するのが大好きです。

生きるか死ぬかの戦い、私のかなり奥の底の方に眠っている男の本能的なものが揺さぶられるのでしょう、熱くなりますが、この夏、さらに私を熱くしてくれそうなキックボクシング界のビッグマッチが組まれる可能性が高まっています。

そう!「武尊」VS「那須川天心」のことです。

ファンの間では長い間待ち望まれたこのマッチ。Kー1とRIZEという二つの団体の顔である二人であるが故に、両団体の思惑もあって実現できなかったこの夢の試合。

いよいよ実現しそうな雰囲気になっています。

“「武尊と天心」見たいけど、見たくない” の続きを読む

スポンサーリンク

ギブ&テイクが通じない

春の気配が漂いはじめたここ最近の札幌。

長い冬が終わってやっと私の冬眠生活を終えられるかと思いきや、アレがまた増え始めてまた家ごもりを強要されつつあります。いつになったら気兼ねなく外出ができる日が来るのでしょう。

最近のテレビの話題はアレ以外だと、あの人の借金問題か。あの話題を聞いていると、人間関係って本当難しいなと思います。

“ギブ&テイクが通じない” の続きを読む

スポンサーリンク

五輪、盛り上がらないけど楽しみ

4年に一回の祭典「オリンピック」

私が生きている間は二度とない「オリンピック開催国」という機会ですが、アレのせいでいまいち盛り上がれない雰囲気がなんとも残念です。

開催されるのかさえも心配される状況ですが、準備は着々と進んでいるようで、サッカーU24チームは、先日アルゼンチン代表との親善試合を経て、大まかに選出されそうな選手も決まってきました。

森保監督は本気でメダルを狙っており、オーバーエイジ3名と決めているようなので、それも含めて誰が東京のピッチに立つのでしょうか。

“五輪、盛り上がらないけど楽しみ” の続きを読む

スポンサーリンク

「やめたこと」あれやこれ。

自由と孤独と音楽を愛する、旅人スナフキン

彼は、バックパックに生活道具一式を詰め込み、気の赴くままに世界を旅する、誰からも束縛されない自由気ままな、ザ・自由人です。

彼は、基本的に食事は魚を釣って食べ、寝るのはツェルトに毛布一枚で雑魚寝。風呂やトイレはどうしているのか?ハードなサバイバー暮らしでありますが、余計なものを所有しない究極のミニマリストであり、その自由なライフスタイルにある意味「憧れ」を感じます。彼のように身の自由もそうですが、心が豊かに自由を感じて生きていきたいものです。

このコロナ禍、やりたいことができない日々でストレスが溜まりますが、逆に、何かに縛られず身が軽くなるように「やめたこと」が色々とあります。

“「やめたこと」あれやこれ。” の続きを読む

スポンサーリンク

「経験」とは求めていたものが手に入らなかった時に手に入るものだ

アメリカ合衆国にあるカーネギーメロン大学の故ランディ・パウシュ教授のたくさんの素晴らしい言葉の中で、私が一番心に響いた言葉。

経験とは求めていたものが手に入らなかった時に手に入るものだ」 

彼はNFLのプロ選手になるという夢は叶わなかったけど、プロ選手になれなかったから学べたことがいっぱいあると言っています。

望んだ結果が得られなくても、それは失敗ではなく一生懸命取り組んだことで違う何かが学べる。

経験に失敗はありません。真剣にやってみることが重要なのだと言っています。

“「経験」とは求めていたものが手に入らなかった時に手に入るものだ” の続きを読む

スポンサーリンク

たぶん、これが完成形なのかな。

先日、娘が産まれた頃の写真を見てて、写っている十数年前の自分の衣服は、今では部屋着のレギュラーになっていることに気づきました。

購入した時はれっきとした「よそ行きの服」でしたが、あの頃の輝きは何処へやら、今では寝巻きに格下げ。いや、部屋着の方が着用頻度は高いので、服の存在意義としてはそれはそれで格上げなのかな?

とりあえず、結構長い付き合いで、より愛着が湧きます。

“たぶん、これが完成形なのかな。” の続きを読む

スポンサーリンク

日本男児なら熱くなれる「四国の旅」

もう随分前の旅の話。

当時、私は漫画「おーい竜馬」の影響で「幕末」にハマっていて、主人公の「坂本龍馬」に憧れて、彼の縁のある土地が見たくなりました。

彼の足跡は、京都や長崎に多く残っていますが、やはり彼の出生地「土佐(高知)」は龍馬ファンにとっての聖地。彼が夢を育ませた「土佐」を見てみたい、と同じ志を持った同志(龍馬ファンの友人)を伴い、高知メインの四国一周龍馬の足跡を訪ねる旅に出ました。

“日本男児なら熱くなれる「四国の旅」” の続きを読む

スポンサーリンク

沖縄ノスタルジー

沖縄、大好きです。

沖縄は、同じ日本国とは思えない青い海や自然、文化や食と、完璧な南国旅情を駆り立ててくれて、沖縄に行くと滅多に上がらない私のテンションが上がります。

友人たちとの男旅、結婚前の妻との二人旅、リゾートウェディング、家族旅、義父母の還暦祝い旅等など、思い返すと私の人生の様々なステージにおいて、大事な思い出はたいてい沖縄が絡んでいて、沖縄に縁もゆかりもありませんが、私の心の故郷と言っても良いくらい。

今後、アレが落ち着き自由に旅に行けるようになったならば、私はすぐに沖縄行の航空チケットを予約するのだろうな、ああ、沖縄行きたい。

“沖縄ノスタルジー” の続きを読む

スポンサーリンク